2010/01/02

「幻覚」ならぬ「幻匂」

「幻覚」ならぬ「幻匂」。
そういうものがあるというのは知識としては知っていましたが、実際に体験するような日々を送っています。

京都での仕事を無事終え、(また落ち着いたら詳細はアップします)その足で奈良生駒の断食療養所にて3週間の断食プログラムをやってます。花粉症治療が目的です。

テレビのワンシーンを見てるわけでもないのに、ふっと、意識上に上る匂いがあります。
たぶん、それを「幻匂」というのでしょう。
ここで嗅いだ幻の匂いは、

・胡麻油
・笹団子
・最近の駅構内などに漂ってる、スイーツの匂い
・ごはんを炊く匂い 

などなどです。

断食をすると嗅覚が鋭敏になるとも言われます。そうだと思います。食べ物の匂いには特に敏感になりますし、人の体臭にも敏感になります。

同時に味覚も鋭敏になると言われます。
これは、また回復食を口にしてから体験することでしょう。
今日で本断食(水だけの)10日目です。
明日から、重湯の回復食が始まります。

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

私も昔本屋で雑誌をめくっているときに、写真に記憶が刺激されて、ふと匂いを感じた経験が。
「最近の雑誌は凝っているなあ」と一瞬感心した後、しばらくしてようやく幻の臭いだと気付きました。

wansae さんのコメント...

あけましておめでとうございます◎
なんとうらやましい体験!でもとても大変なことなのでしょうね〜。まきさんことだからサラッとなしとげていそうですが、回復食でエネルギーつけ、花粉症吹き飛ばしオランダもどってきてくださいね◎またお話聞かせてください〜!

Maki さんのコメント...

> naono さん

最近の雑誌に一瞬感心したところがnaonoさんらしいですね (^^)

> wansae ちゃん

ただただ「生きてる」っていう、それだけのシンプルな、それこそサラッとした状態だったね。想像を絶するような、とかそういう感じではなかったなあ〜 

プレス・リリース:ジャパン・ハウス サンパウロで、香りと味にフォーカスした 『Aroma & Flavor』展を開催

ジャパン・ハウス サンパウロで、香りと味にフォーカスした 『 Aroma & Flavor 』展を開催 嗅覚のアーティストによる “ 嗅覚のための迷路 ” を体験でき、 視覚やメディアを通じたインタラクティブな作品を展開。 6 月 5 日から...