2010/10/26

AROMASCAPE OF EINDHOVEN ワークショップ レポート

We've found & extracted the smell of...

  • bar (in the morning)
  • garbage
  • rotten milk from Campina Factory
  • river bank grass
  • french fries
  • oak leaves
etc.

ある改装中のバーに踏み込み、場末な匂いが染み込んだ物体を収集。工事のおじさん、奇妙なまなざしをこちら女性3人に向ける。









古いビールの染み込んだコースター、清掃剤の染み込んだティッシュ、ホコリ、チリの類い。

「なんか私たちって・・・ホームレスみたいね」と誰かが言った。



かれこれ40年続いているという店のフライドポテト(patat)。父の味を息子が受け継ぎ、それをまた息子が受け継ぎ・・・といった風情の店で、さすが、今までオランダでいただいた中でいちばん美味しいフライドポテトだった。











Get lost in the smell of Eindhoven!
今回は「匂いのルートマップを作ってくれ」という依頼だったので、ちょっと遊んで、こんなのを作った。



春と秋は、アーティストをやっていると休む暇がない。今秋はワークショップ多産で、平均週1以上でやっているし、毎回プレミアに近い新しい事を試みている。それは楽しくてしょうがないのだけど、秋口のためか喘息が出始めて体調よろしくなく、今日の撮影で写ってる自分の姿を見るのがちょっとコワいな・・・。

2010/10/25

私が寄稿した本が出ました!

私が参加するアーティスト・グループFoAMによるユニークなディナー・イベント Open Sauces をフルカバーした本がついに出版されました。

Open Sauces Book
ISBN 978-90-810733-0-1

  • ディナー・コースのフル・レシピつきです。
  • Edible Perfume Workshop の秘伝レシピを英文でフル掲載しています。
  • 「グリーンピースとミントのスープ 〜固形状、液状、気体状〜」の魔女レシピもフル掲載です。
  • モレキュラー・ガストロノミー、フード・アート、匂いを意識的に使った調理などに興味のある方には、必見です。











From the introduction...
This book is designed as a collection of the “toasts” and their
accompanying recipes from the Open Sauces dinner. It is a scrapbook – a
“common-place book” in the parlance of earlier centuries – and a book of
commons. Commons, a term denoting shared public resources, can be traced
back to the sharing of provisions, of rationing limited amounts of
foodstuffs to feed a whole community. Similarly, Open Sauces offers
bite-sized morsels of diverse aspects of contemporary food culture –
whether curious information, case studies, or specific techniques – to
feed a diverse group of readers.

The book also contains the recipes for the complete, seasonal Open
Sauces menu, designed for twenty-five people. The recipes list the
original amounts; however, as each course was quite small, the
quantities cited in the recipes could be used for four to six people if
served in a two or three course dinner. In several recipes the amounts
are approximate, as this is the preferred method of cooking and sharing
recipes at FoAM. The recipes and related texts are available online at
http://opensauces.cc in editable form. Improvements, adaptations,
comments, questions and suggestions are more then welcome. After all,
Open Sauces should stay true to its title.


編集+出版:FoAM
価格:1冊10ユーロ

後々、Amazon でも販売する予定と聞いています。

手軽なところで、デジタル版がこちらからもダウンロードできます。
http://opensauces.cc/open.sauces.pdf

が・・・やっぱり手に取れる本は格別です。自画自賛になってしまいますが、ベッドに持ち込んで眺めたい、美しい本です。

先週金曜日はこの出版記念パーティのためにブリュッセルに行って参りました。限りなく赤ワインに近いシャンパン、そしてマティーニ、さらにはOpen Saucesレシピを一部含んだタパス・コースで、秋の宵を楽しみました。

このFoAMのネットワークには、知的好奇心くすぐる方々がたくさんいらっしゃいます。エコロジー関係の化学者、ITエキスパート、アーティスト、思索家、etc etc ... FoAMの実体は、こういった横断領域的なネットワークです。みんながお互いの領域に興味を持っていて(そこからコラボレーションが生まれることもある)、希望ある未来を切なく願っていて、そして美味しいものが大好き! 日本にもひとつこんなのが欲しいと思いませんか?

2010/10/21

AROMASCAPE OF EINDHOVEN ワークショップ

来週火曜日に、EindhovenにてWSをやります。一般参加可。
---

dinsdag 26 oktober tijdens de DDW in LCM 10.00-16.00 uur:
inschrijven kan via mad@dse.nl (kosten voor studenten geen, overig 10 euro), aantal plaatsen beschikbaar 12, (vol is vol)

AROMASCAPE OF EINDHOVEN workshop

What do you smell if you walk around the City of Eindhoven? In this project you are going to explore Eindhoven on the level of smell.
What is it that we are smelling, what does it make you imagine, what does it make you feel? This course will deal with these questions .

The workshop will first focus on fieldwork and on observing the environment with the olfactory sense. You will smell a lot and learn how to communicate about smell with others, using a basic vocabulary for analyzing and expressing the character of a smell. We will map the smell and texts and create [AROMASCAPE OF Eindhoven]

Secondly we will extract smells from these smelly materials: cheese burgers, old books, rubber tyres, flowers, soup, etc. You will learn how to do this yourself (in the most simple way).

assignment:

(1) List at least 10 scents that you've smelled in the city. Note date & time and street name.

(2) From the listed scents above, bring at least 3 smelly materials to the workshop for extraction.
How much should you bring? For example,

- fallen leaves ---> 1 liter = medium size plastic bag/ziplock = equals to ''druk and sluit' 15cm x 18cm
- cheese burger---> 1 or 2
- fresh organics like strawberry ---> 1 package
- dust of the street ---> medium size plastic bag/ziplock = equals to ''druk and sluit' 15cm x 18cm
- fresh flowers --- 1 liter = medium size plastic bag/ziplock = equals to 'druk and sluit' 15cm x 18cm

* the material has to be quite SMELLY!!!

photo impressions:
http://scent-lab.blogspot.com/search/label/%5BAROMASCAPE%20OF%20ROTTERDAM%5D









Puls 2010 – signalen van een stad
Een stad laat zich lezen als een steeds veranderend boek, waarin gelaagdheid, meervoudigheid en dynamiek een hoofdrol spelen. Wij bezitten geen "Aleph" (Jorge Luis Borges) die ons het oneindige inzicht verschaft en in staat is een totaalbeeld te tonen van deze steeds veranderende stad. Wat wij wel kunnen is de oneindige hoeveelheid informatie filteren en ons beeld focussen op een deelaspect. Uit een oneindige hoeveelheid aan zenders weet onze radio juist die ene zender helder te ontvangen.

Gedurende DDW is LCM de plek van onderzoek en ontwerp van de “social urban space”. Dit gebeurt door middel van workshops van studenten van de TU/e faculteit bouwkunde en buitenlandse Erasmus studenten, werk van ontwerpers, designers en kunstenaars. Zij gaan de oneindige hoeveelheid informatie filteren en ons beeld van de stad focussen op een of meerdere deelaspecten.

Van 23 t/m 31 oktober kunstroutes, interventies, workshops, keynotes en lezingen tijdens de Dutch Design Week in La Citta Mobile, Vestdijk 133.
Een veelzijdig interactief programma over de urban design aspecten van een stad. Puls 2010 laat je actief deelgenoot worden van het onderzoek zelf: ontdek een kunstroute of interventie, bezoek lezingen of neem deel aan een workshop!

Thema's zijn licht, geur, geluid, tektoniek, smaak, datacity, mindmap – door 7 kunstenaars: Remco Roes, Marije van der Park, Sander Veenhof, Ralph Brodrück, Henk van der Geest, Maki Ueda, Mario van Horrik & Petra Dubach.
Deelnemende kunstenaars, architecten en designers delen hun visies, ideeën en achtergronden met het publiek in de expositie en een lezingenprogramma. De workshops en routes worden hierdoor voorzien van een bredere context. Alle activiteiten zijn gratis toegankelijk.

Op maandagavond lezingen rond het thema Re-using the city.

Op dinsdagavond is er een interactieve presentatie over Lichtontwerpen met het Instituut Lichtontwerpen iLo.

Woensdag zijn er lezingen rond het thema Beauty of Decay.

Op donderdagavond is er een lezingenprogramma over Data City, met keynotes van Bridget Nicholls en Michiel de Lange.



workshops:

op dinsdag 26 oktober: Aromascape of Eindhoven

donderdag 28 oktober: The Wild Side of City Life

zondag 31 oktober Layar / Augmented reality

Op tijd inschrijven om te reserveren via de website www.madlab.nl!

Voor het actuele programma, zie de website: www.madlab.nl



waar en wanneer

La Città Mobile is een expositie- en atelierruimte in het centrum van Eindhoven, vlakbij het Van Abbemuseum en tegenover Schellens.

lokatie: Vestdijk 133 5611CB Eindhoven

DDW 2010 van 23 oktober t/m 31 oktober 2010
openingstijden 12:00 uur tot 22:00 uur

toegang en deelname is gratis (op een enkele workshop na)



Puls 2010 – signals of the city

From 23 till 31 October art walks, interventions, workshops en keynote lectures during Dutch Design Week in Eindhoven.
A versatile interactive program on the urban design aspects of a city. This project involves you in the research process: discover an art walk or intervention, attend a lecture or participate in a workshop!

website: www.madlab.nl

2010/10/13

Open Sauces book

The long awaited Open Sauces book (by Foam) is online:
http://opensauces.cc/open.sauces.pdf

Open Sauces って何だっけ?

待ちに待った Open Sauces の本ができあがりました!
・Edible Perfume Workshop の秘伝レシピを英文でフル掲載しています。
・「グリーンピースとミントのスープ 〜固形状、液状、気体状〜」の魔女的レシピもフル掲載です。
・モレキュラー・ガストロノミー、フード・アート、匂いを使った変わった調理などに興味のある方には、必見です。

2010/10/08

SMELL LISTENING (匂いを聴く)ワークショップ @ ROTTERDAM, SUN. OCT 17

再来週日曜日、カメラジャパン・フェスティバルにて、香道にちなんだワークショップをやります。オランダにいらっしゃる方は是非! (お早めにご予約を・・・)


SMELL LISTENING WORKSHOP

by UEDA maki

宮川長春《遊女聞香図》: 足元に香炉を置き、着物に香りを薫きしめつつ、香りに酔っている様

匂いを「聴く」かのように、嗅いでみませんか。茶道と並んで日本の3大伝統芸道のひとつといわれる香道。香りによって、時と空間を超えて心情やイマジネーションを共有するための集いです。日本人の嗅覚アーティストである上田麻希が、ユニークでアートな香席を設けます。(香水はつけないでください。)

日時:

10/17 (日)

セッション1:15:00-16:00

セッション2:17:00-18:00

セッション3:19:00-20:00

(1セッション:1時間、1セッションにつき10人まで)

場所:

新LantarenVenster / ロッテルダム @ Artistenfoyer アーティストホワイエ(1st floor)にて

参加費:€20 ユーロ

予約:

witchlab [ @ ] gmail.com

06-54658054

*Camera Japan Festival の一環です。












[more about Kodo]

cited from the site:

http://www.japan-zone.com/culture/kodo.shtml

Woman smelling incense Kodo literally means "way of the fragrance." Along with sado (tea ceremony) and kado or ikebana (flower arrangment), it is one of the three major classical arts that any woman of refinement was expected to learn. Kodo is perhaps the least well-known of the three, but these days its modern cousin, aromatherapy, is all the rage. When practicing kodo, a mica plate is placed on top of smouldering coals and the incense or fragrant wood is placed on the plate. So the wood is not actually burned, but gives off its fragrance in a subtle way.

It may seem to be all about the sense of smell, but the secret of kodo is in "listening." The participants don't "smell" (the Japanese verb 'kagu') the incense or fragrant wood, but rather "listen" (kiku) to it, opening up not so much their nasal passages as their heart and spirit. Modern western psychologists and therapists know about the power of the sense of smell, how a smell can instantly transport a person back to a place from their childhood. In Japan, the burning of incense and prizing of rare scented wood has been transporting people to a different spiritual plane for many centuries.

Fragrant  driftwood Fragrant wood is believed to have first been used in Buddhist rituals in the Nara Period (710-794). As such naturally scented wood is very rare and can take centuries to acquire its fragrance, man-made incense came into existance. As with the incense sometimes used in Christian churches, it was thought to have purifying properties. Even today it is used to purify the long wooden memorial tablets that are offered to the deceased as part of a funeral. Smouldering incense sticks (senko) are regularly placed on gravestones or the butsudan, small altars found in many Japanese homes. Kodo was formalized around the time of the shogun Ashikaga Yoshimasa (1443-1490), who asked the scholar Sanjonishi Sanetaka to classify all of the incense that were in use at the time. For this reason, Sanjonishi is considered to be the "father" of kodo.

Fragrant wood The fragrances of kodo are divided into rikkoku gomi (lit. six countries, five tastes). The rikkoku are six kinds of fragrant wood: kyara, rakoku, manaka, manaban, sumatora, and sasora. The gomi are the tastes of amai (sweet), nigai (bitter), karai (spicy hot), suppai (sour), shio karai (salty). Becoming able to break down a given fragrance into these different elements takes years of experience and a very refined sense of smell.

Since the Muromachi Period (1336-1573), kodo is said to have ten physical and psychological benefits or virtues:

  1. Sharpens the senses
  2. Purifies the mind and body
  3. Removes mental or spiritual "pollutants" (kegare)
  4. Promotes alertness
  5. Heals feelings of loneliness
  6. Creates a feeling of harmony even under stress
  7. Even in abundance, is not overwhelming
  8. Satisfies, even in small quantities
  9. Does not decay even over centuries
  10. Does no harm even if used every day

Kodo set

As in the tea ceremony, practitioners of kodo will gather in a room, in a private house or in a temple, with a floor covered with tatami mats. They sit in the formal seiza style (which soon becomes very uncomfortable for those not used to it) and take turns trying to guess the fragrance prepared by the komoto, or person who burns the incense. They hold the incense burner in one hand, cup the delicate smoke with the other and lift the fragrance to their face. The guessing process makes it seem like a game, though kodo practitioners tend to take this art very seriously and dedicate decades of their life to it. If you think you'd like to find out more about kodo, the best way is to contact a branch of one of the two schools, Oie-ryu and Shino-ryu.


2010/10/04

OLFACTOSCAPE - MAKING

MAKING


space_inframince 外観




パンタロンさん達には、御礼を述べ尽くしきれない気がします。この OLFACTOSCAPE は、パンタロンさんとのダイアローグから生まれて来た作品です。


右:アンフラマンスのキララさん。名前負けしない外見と、痒いところに手の届く働きぶりのキララさんは、一家に1台欲しいところです。


左:アンフラマンスの鈴木さん。的確な鑑識眼をお持ちで、ノレッジ(とくにガジェット関連)も深く広い。彼女も、一社に一台欲しい人です。右:アンフラマンスの岡本さん。まったく、これだけ優秀でハートフルな人材を揃えるとは・・・!脱帽です。


また忘れられないのは、山本香料さんとの仕事。みなさん楽しそうに仕事してらっしゃいます。社長さんだけでなく、社員のみなさんのファンになってしまいました。


京都のFMの番組収録中。DJであり現役のゲイコさんでもあるMAKOTOさんは内覧会にもかけつけて来てくれて、感激でした。

また楽しく仕事をさせていただきました。ご協力いただきましたみなさん、本当に本当にどうもありがとうございました!

OLFACTOSCPE展、大阪にて開催中

お知らせが遅くなりましたが、現在、大阪にて「個展」開催中です。日本での展示は稀少です。この機会に是非!
------------



space_inframince approaches 01
OLFACTOSCAPE においの風景
OLFACTORY TRAVEL IN TIME AND SPACE
2010.10.2(土)〜10.24(日) 水曜日定休
OPEN…12:00〜20:00
協賛:オランダ領事館,モンドリアン財団,アサヒビール株式会社,山本香料株式会社

inframince, inc.
address: 大阪市西区阿波座1-9-12 550-0011  
tel: 06-6541-9520
fax: 06-6541-9521
e-mail: contact(at)inframince.jp




■ごあいさつ

この度、space_inframinceではアーティスト・上田麻希氏を招聘し "OLFACTOSCAPE - OLFACTORY TRAVEL IN TIME AND SPACE -"を開催いたします。

デジタル・メディアに関する表現からアーティストのキャリアを開始した上田麻希氏は近年、嗅覚にアプローチする作品やプロジェクトを手掛け、更なる注目を集めています。

芸術分野においてのみならず、視覚や聴覚に比べて「嗅覚」という感覚器に関する探求は未踏の部分が多く、現在でも潜在的可能性を多く秘めている感覚器であると考えられています。その嗅覚的領野において、上田麻希氏は「においと記憶の関連性」、「嗅覚における場所、時間などの認知の可能性」などを主題に作品制作、フィールドワーク、多領域のアーティストとの共同制作、パフォーマンスなど様々なアプローチで活動を展開しています。

本展では、普段の日常生活では意識することが稀である"嗅覚、におい"にフォーカスする作品を体験することにより、日常への新たな視点の発見やこれまでの知覚のあり方を再考する機会となるでしょう。

なお、株式会社アンフラマンスでは、上田麻希氏との共同開発プロダクトを2011年秋頃にリリース予定です。

最後に本展開催にあたり多大なるご尽力をいただきました上田麻希氏、ならびにご協力をいただきました関係者各位に心からお礼申し上げます。

なお、本展は10/2(土)から開催の Hoi! 「生活とデザインの領域を探る」オランダデザイン展 の一環としての展示となっております。

- inframince -

■ what is "OLFACTOSCAPE"?

olfacto = 嗅覚の
scape = 風景、シーン

匂いを嗅いでふと、遠い異国の地や、
過去や未来にトリップする ——

そんな体験をしたことはありませんか? 匂いには、記憶や感情を想起させ、想像力を刺激する力が潜んでいます。 私たちはあらゆるかたちで香りに囲まれて生活していますが、このような匂いの潜在能力を楽しむ機会はそう多くはありません。

この展覧会を機に、日常生活ではあまり意識することのない"嗅覚・匂い"にフォーカスする作品を体験し、 日常への新たな視点の発見やこれまでの知覚のあり方を、再考して頂ければと思います。

■作家紹介

上田麻希

1974年 日本生まれ
オランダ在住 アーティスト(匂いと嗅覚のアート)

嗅覚とアートの融合を試み、匂いをメディウムとして作品を制作するアーティスト。 幼少の頃よりポプリの調合を趣味とした。 慶応義塾大学環境情報学部(1997年卒業)、同大学院政策メディア研究科修士課程(1999年修了)にて藤幡正樹氏に師事し、メディア・アートを学ぶ。 2000年、文化庁若手芸術家在外研修員でオランダに滞在。2002年よりオランダに拠点を移す。 2006年ごろより嗅覚のアートを手がけ始め、2007年、南仏グラースの調香師養成学校にてサマー講習修了。 2007年、ポーラ芸術財団若手芸術家在外研修員。 2008年、世界初ともいえる嗅覚のための展覧会 IF THERE EVER WAS 展に参加、BBC や NEW YORK TIMES MAGAZINE などで話題となる。 2009年、WORLD TECHNOLOGY AWARD にノミネートされる。現在はヨーロッパを中心に、世界中で様々な嗅覚のアート作品を精力的に発表している。

■作品紹介

□リサーチプロジェクト 【OLFACTSCAPE】

OLFACTOSCAPE(オルファクトスケープ)は、「OLFACTO = 嗅覚の」と「SCAPE = シーン・風景」を組み合わせた造語。

夜桜の仄かに甘い香りの下で酔い、金木犀の香りに秋を感じる。このように、匂いをまるで風景を眺めるかのように嗅ぎ、賞賛する、そんな類いまれな感性を、わたしたち日本人は持っている。

では、そんな匂いの風景を鼻で見てみよう。直径3mの、円筒形のこの空間の中に立ち、目を閉じ、犬のように鼻で匂いをサーチしてみよう。近づく匂いもあれば、遠ざかる匂いもあるだろう。それらが重なり合わさってまた別な匂いになるかもしれない。ついつい引き寄せられてしまうような、魅惑的な匂いはあるだろうか。これは、私たちの嗅覚の限界と可能性を探るための、リサーチ・プロジェクトでもある。

香りのセレクションに関しては、(株)アンフラマンスとの共同企画プロダクト開発にむけて交わされた「わたしちたちの身近にある匂いの過去・現在・未来形」を探るディスカッションをもとにして選んだ。

檜、樟脳、スズラン、桜、イバラ、森の枯れ葉のにおい、ジンジャー、柚子、松茸、ヤマユリ、シナモン、草の匂い 他







□AROMASCAPE OF OSAKA

「大阪ってどんな匂いのするところ?」と聞かれたら、あなたならどう答えますか?

ここにある香水と地図は、2010年9月4日におこなわれた「AROMASCAPE OF OSAKA ワークショップ」のアウトプットである。参加者の方にはまず各自、鼻を使って、大阪の街をクンクン嗅ぎ回るフィールドワークをしていただいた。そして匂いをリストアップし、旗で地図にマーキングしてもらいその中からひとつ、ワークショップで実際に匂いを抽出し、簡単な香水を作ってもらった。その成果がスポイト瓶の中に収められている。

香水の鑑賞の方法
瓶を空け、スポイトについているアルコール分を蒸発させてから(約15秒必要)そこに残った匂いを嗅いでください。あるいは、ムエット(賦香紙)に1滴垂らし、15秒待ってから匂いを嗅いでください。





[↓ workshopで大阪の匂いの抽出中]
















□AROMASCAPE OF ROTTERDAM

こにある香水と地図は、2010年5月にウィレム・デ・コーニング・ロッテルダム美術大学にておこなわれた「AROMASCAPE OF ROTTERDAM ワークショップ」のアウトプットである。学生にはまず各自、鼻を使って、ロッテルダムの街をクンクン嗅ぎ回るフィールドワークをしてもらった。そして匂いをリストアップし、旗で地図にマーキングしてもらい、その中からひとつ、ワークショップで実際に匂いを抽出し、簡単な香水を作ってもらった。その成果がスポイト瓶の中に収められている。

香水の鑑賞の方法
瓶を空け、スポイトについているアルコール分を蒸発させてから(約15秒必要)そこに残った匂いを嗅いでください。あるいは、ムエット(賦香紙)に1滴垂らし、15秒待ってから匂いを嗅いでください。





□リサーチプロジェクト 【江戸時代のコスメティクス】

これらはもともと、2009年にライデン市立美術館で開催された、日蘭通商400周年を記念した展覧会のために作られた作品の一部である。

江戸時代当時の匂いを、オランダ人と日本人、双方の視点から描くにあたり、やはり男女の間にヒントがあるだろうと考えた。そこで、オランダ商人が現地妻として接していた、長崎丸山遊女たちがつけていたであろう化粧品を再現した。

これで実際に化粧をし、ファッション・リーダーだった遊女達になりきる。あるいは、オランダ商人のようにうっとりする。どちらでもいい。

その当時へ想いを馳せるメディウムとして使っていただきたい。

1.お歯黒
2.美人香
3.花の露
4.伽羅の油
5.丁字油
6.体身香











□SCENTS OF HOLLAND(期間限定販売)

SCENTS OF HOLLAND は、着用するための香水ではなく、嗅ぐための香水。 すべて、作家の手によって素材から抽出されたものです。

本展示だけのエディションBOXとなっております(作家サインつき)。
  内容物
・嗅ぐための香水5種
・保存用袋
・SCENTS OF HOLLAND ミニブック
・展示終了後のOLFACTOSCAPEテキスタイルピース




NO. 1
Hyacinth (ヒヤシンス)

NO. 2
Dutch Cheese (チーズ)

NO. 3
Speculaas spices (聖ニコラス祭)

NO. 4
Autumn Leaves (秋の落ち葉)

NO. 5
Brussels Sprout (煮すぎた芽キャベツ)


30セット限定
価格:4800円
詳細は、アンフラマンスまで問い合わせ下さい。

□連絡先
アンフラマンス
http://www.inframince.jp/

香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...