投稿

10月, 2010の投稿を表示しています

AROMASCAPE OF EINDHOVEN ワークショップ レポート

イメージ
We've found & extracted the smell of...

bar (in the morning)
garbagerotten milk from Campina Factoryriver bank grassfrench friesoak leaves
etc.

ある改装中のバーに踏み込み、場末な匂いが染み込んだ物体を収集。工事のおじさん、奇妙なまなざしをこちら女性3人に向ける。









古いビールの染み込んだコースター、清掃剤の染み込んだティッシュ、ホコリ、チリの類い。

「なんか私たちって・・・ホームレスみたいね」と誰かが言った。



かれこれ40年続いているという店のフライドポテト(patat)。父の味を息子が受け継ぎ、それをまた息子が受け継ぎ・・・といった風情の店で、さすが、今までオランダでいただいた中でいちばん美味しいフライドポテトだった。











Get lost in the smell of Eindhoven!
今回は「匂いのルートマップを作ってくれ」という依頼だったので、ちょっと遊んで、こんなのを作った。



春と秋は、アーティストをやっていると休む暇がない。今秋はワークショップ多産で、平均週1以上でやっているし、毎回プレミアに近い新しい事を試みている。それは楽しくてしょうがないのだけど、秋口のためか喘息が出始めて体調よろしくなく、今日の撮影で写ってる自分の姿を見るのがちょっとコワいな・・・。

私が寄稿した本が出ました!

イメージ
私が参加するアーティスト・グループFoAMによるユニークなディナー・イベント Open Sauces をフルカバーした本がついに出版されました。

Open Sauces Book
ISBN 978-90-810733-0-1

ディナー・コースのフル・レシピつきです。Edible Perfume Workshop の秘伝レシピを英文でフル掲載しています。「グリーンピースとミントのスープ 〜固形状、液状、気体状〜」の魔女レシピもフル掲載です。モレキュラー・ガストロノミー、フード・アート、匂いを意識的に使った調理などに興味のある方には、必見です。










From the introduction...
This book is designed as a collection of the “toasts” and their
accompanying recipes from the Open Sauces dinner. It is a scrapbook – a
“common-place book” in the parlance of earlier centuries – and a book of
commons. Commons, a term denoting shared public resources, can be traced
back to the sharing of provisions, of rationing limited amounts of
foodstuffs to feed a whole community. Similarly, Open Sauces offers
bite-sized morsels of diverse aspects of contemporary food culture –
whether curious information, case studies, or specific techniques – to
feed a diverse group of readers.

The book also contains the recipes for the complete, seasonal Open
Sauces menu, designed for twenty-five people. T…

AROMASCAPE OF EINDHOVEN ワークショップ

イメージ
来週火曜日に、EindhovenにてWSをやります。一般参加可。
---

dinsdag 26 oktober tijdens de DDW in LCM 10.00-16.00 uur:
inschrijven kan via mad@dse.nl (kosten voor studenten geen, overig 10 euro), aantal plaatsen beschikbaar 12, (vol is vol)

AROMASCAPE OF EINDHOVEN workshop

What do you smell if you walk around the City of Eindhoven? In this project you are going to explore Eindhoven on the level of smell.
What is it that we are smelling, what does it make you imagine, what does it make you feel? This course will deal with these questions .

The workshop will first focus on fieldwork and on observing the environment with the olfactory sense. You will smell a lot and learn how to communicate about smell with others, using a basic vocabulary for analyzing and expressing the character of a smell. We will map the smell and texts and create [AROMASCAPE OF Eindhoven]

Secondly we will extract smells from these smelly materials: cheese burgers, old books, rubber tyres, flowers, soup, etc. You will learn how to do …

SMELL LISTENING WORKSHOP 試香中

イメージ

Open Sauces book

The long awaited Open Sauces book (by Foam) is online:
http://opensauces.cc/open.sauces.pdf

Open Sauces って何だっけ?

待ちに待った Open Sauces の本ができあがりました!
・Edible Perfume Workshop の秘伝レシピを英文でフル掲載しています。
・「グリーンピースとミントのスープ 〜固形状、液状、気体状〜」の魔女的レシピもフル掲載です。
・モレキュラー・ガストロノミー、フード・アート、匂いを使った変わった調理などに興味のある方には、必見です。

酸味を甘味に変えるミラクルベリー

SMELL LISTENING (匂いを聴く)ワークショップ @ ROTTERDAM, SUN. OCT 17

イメージ
再来週日曜日、カメラジャパン・フェスティバルにて、香道にちなんだワークショップをやります。オランダにいらっしゃる方は是非! (お早めにご予約を・・・)


SMELL LISTENING WORKSHOPby UEDA maki宮川長春《遊女聞香図》: 足元に香炉を置き、着物に香りを薫きしめつつ、香りに酔っている様匂いを「聴く」かのように、嗅いでみませんか。茶道と並んで日本の3大伝統芸道のひとつといわれる香道。香りによって、時と空間を超えて心情やイマジネーションを共有するための集いです。日本人の嗅覚アーティストである上田麻希が、ユニークでアートな香席を設けます。(香水はつけないでください。)日時:
10/17 (日)セッション1:15:00-16:00
セッション2:17:00-18:00セッション3:19:00-20:00(1セッション:1時間、1セッションにつき10人まで)場所:
新LantarenVenster / ロッテルダム @ Artistenfoyer アーティストホワイエ(1st floor)にて参加費:€20 ユーロ予約:witchlab [ @ ] gmail.com06-54658054
*Camera Japan Festival の一環です。











[more about Kodo]
cited from the site:
http://www.japan-zone.com/culture/kodo.shtml
Kodo literally means "way of the fragrance." Along with sado (tea ceremony) and kado or ikebana (flower arrangment), it is one of the three major classical arts that any woman of refinement was expected to learn. Kodo is perhaps the least well-known of the three, but these days its modern cousin, aromatherapy, is all the rage. When practicing ko…

OLFACTOSCAPE - MAKING

イメージ
MAKING


space_inframince 外観




パンタロンさん達には、御礼を述べ尽くしきれない気がします。この OLFACTOSCAPE は、パンタロンさんとのダイアローグから生まれて来た作品です。


右:アンフラマンスのキララさん。名前負けしない外見と、痒いところに手の届く働きぶりのキララさんは、一家に1台欲しいところです。


左:アンフラマンスの鈴木さん。的確な鑑識眼をお持ちで、ノレッジ(とくにガジェット関連)も深く広い。彼女も、一社に一台欲しい人です。右:アンフラマンスの岡本さん。まったく、これだけ優秀でハートフルな人材を揃えるとは・・・!脱帽です。


また忘れられないのは、山本香料さんとの仕事。みなさん楽しそうに仕事してらっしゃいます。社長さんだけでなく、社員のみなさんのファンになってしまいました。


京都のFMの番組収録中。DJであり現役のゲイコさんでもあるMAKOTOさんは内覧会にもかけつけて来てくれて、感激でした。

また楽しく仕事をさせていただきました。ご協力いただきましたみなさん、本当に本当にどうもありがとうございました!

OLFACTOSCPE展、大阪にて開催中

イメージ
お知らせが遅くなりましたが、現在、大阪にて「個展」開催中です。日本での展示は稀少です。この機会に是非!
------------



space_inframince approaches 01
OLFACTOSCAPE においの風景
OLFACTORY TRAVEL IN TIME AND SPACE
2010.10.2(土)〜10.24(日) 水曜日定休
OPEN…12:00〜20:00
協賛:オランダ領事館,モンドリアン財団,アサヒビール株式会社,山本香料株式会社

inframince, inc.
address: 大阪市西区阿波座1-9-12 550-0011  
tel: 06-6541-9520fax: 06-6541-9521e-mail: contact(at)inframince.jp



■ごあいさつ

この度、space_inframinceではアーティスト・上田麻希氏を招聘し "OLFACTOSCAPE - OLFACTORY TRAVEL IN TIME AND SPACE -"を開催いたします。

デジタル・メディアに関する表現からアーティストのキャリアを開始した上田麻希氏は近年、嗅覚にアプローチする作品やプロジェクトを手掛け、更なる注目を集めています。

芸術分野においてのみならず、視覚や聴覚に比べて「嗅覚」という感覚器に関する探求は未踏の部分が多く、現在でも潜在的可能性を多く秘めている感覚器であると考えられています。その嗅覚的領野において、上田麻希氏は「においと記憶の関連性」、「嗅覚における場所、時間などの認知の可能性」などを主題に作品制作、フィールドワーク、多領域のアーティストとの共同制作、パフォーマンスなど様々なアプローチで活動を展開しています。

本展では、普段の日常生活では意識することが稀である"嗅覚、におい"にフォーカスする作品を体験することにより、日常への新たな視点の発見やこれまでの知覚のあり方を再考する機会となるでしょう。

なお、株式会社アンフラマンスでは、上田麻希氏との共同開発プロダクトを2011年秋頃にリリース予定です。

最後に本展開催にあたり多大なるご尽力をいただきました上田麻希氏、ならびにご協力をいただきました関係者各位に心からお礼申し上げます。

なお、本展は10/2(土)から開催の Hoi! 「生…