2017/01/06

千代子の冒険

じつは、今年のはじめから石垣島で犬を飼い始めました。

柴犬(豆柴)メス、1歳。

9月末から2ヶ月半の、わたしの実家(千葉)滞在にも同行しました。

田舎者の千代子が都会の刺激的な暮らしをどんだけ楽しんだか、というお話です。


着いてわりとすぐ、わたしのちょっとしたミスで脱走してしまった千代子。

海と山に囲まれて育った千代子にとって、千葉市の住宅地は、大都会。

さまざまな雄犬の匂いが堪能できます。

最初はちょっとそのへんでオシッコをするつもりが・・・次々と展開する匂いが、おもしろくなってしまったのでしょう。

匂いを辿り辿り、冒険にでかけてしまいました。


5分くらいしてから私がハッと気づき、

いつも一緒に行くコンビニに行ってみると、「あっちの方にいきました」という目撃情報が。

それを辿って聞き回るとまた、「あっちに行きましたよ」。

??? まったく反対方向だ・・・。

これは独りでは無理と判断し、家に帰って父と弟にも捜索を頼みました。


2時間かけて3人であちこち探しましたが、見つからないので、保健所にまず電話。

そして、高校生のころ飼っていた犬がお世話になった近所の動物病院にも電話。

・・・すると!

「あ、うちで保護していますよ」

とのこと。

ホッとして、すぐにお迎えに行くと、

人の心配をよそに楽しそうに出て来た千代子さん・・・

そして帰ろうとしません! 

ふだん散歩で会う雄犬の数もせいぜい1、2匹の田舎暮らしですから、

動物病院といえど、いろんな犬の匂いがして、

さぞかしホストクラブのように楽しんだのでしょう。


引っ張って連れて帰ると、路往く人々から

「あー! このワンちゃん! さっき道の真ん中で平気で寝そべってましたよ。車、恐くないでしょ?」

(^^;)

はい。ふだんは、海と山しかなく、車もめったに通らないところで暮らしておりますので・・・。


日を改めて動物病院の先生に御礼を言いに行きました。

そのときにも3匹くらいのワンちゃんが診察に来ていたでしょうか。

またしても病院から「帰らない」と座り込む千代子さん。

みなさんからクスクス笑われながら、引っ張って連れて帰りましたとさ・・・。

香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...