投稿

4月, 2009の投稿を表示しています

松栄堂+Lisn 訪問

イメージ
この前、老舗の香舗 松栄堂 を訪問する貴重な機会を得ました。そのおすそわけをここに少し。

社長であられる畑高正氏はそのエッセイ集「薫薫語録」の「香り…メディア?」 という項で、

「香り(匂い)という存在はひとつのメディアである」

とおっしゃっている方です。

私の仕事の根底にある考え方と共通してます。
おのずと、話が弾みます。

日本の伝統である香の世界の方がこうして、かなり分野の違う、しかも独創的ではあるが慣例的ではない私の仕事にこうして共感して下さる。やはりその世界のトップの方は、視野が違います。

「むかしの暮らしは電気が無かったから、暗闇の時間が長かった。つまり視覚以外の感覚器官をもっと使っていたのではないしょうか。」

とのお言葉も、ひとつのインスピレーションを与えてくださりました。これからどう調理しようかな・・・。

そんな仕合わせな歓談の時を過ごした後、線香の製造工程も見学させていただきました。


松栄堂のお香の数々。カラフルで楽しいです。


印香の数々。形がいろいろで、かわいいですね。らくがんみたい。


匂い袋の数々。まさに、伝統に息づく美意識が表われています。


祈祷用の線香。長いです。


和紙の繭玉の中に香が入っていて、ゆっくりじっくりと香りがディフューズする仕組みです。つまり、和式ルーム・ディフューザー。和紙の特徴を知り尽くした日本人ならではの伝統です。


こちらも同じ仕組み。竹の筒の中に香が入っています。お客さんが店頭で香りのサンプルを嗅ぐためのものです。こういったスーパー・アナログなインターフェースは、作品展示を考える上でとても参考になります。

こんどはところ変わって、Lisnという松栄堂系列のモダンなお香屋さんへ。







目に良し、鼻に良し、耳に良し、手触り良し、なインセンス・ショップです。
五感の融合を目指している、新しいタイプのお香屋さんですね。

伝統は、伝統として受け継がれることに意義がある一方で、作り替えられるためにもそこにあるのでしょう。

んー、ぜひオランダにこんなお店が欲しい!

お歯黒水を作ってみる

イメージ
okuyama-sika.jp/oha.html


上段左より:水飴、塩、味醂、砂糖
下段左より:麹、古釘、お茶


日本の伝統的な化粧の色は、白・赤・黒の3色でした。

白は、白粉(おしろい)。いわゆるファンデーション。いかに顔かたちの欠点をカバーするかの白粉法が江戸時代には確立されていて、その方法論は「都風俗化粧伝」という古書に見ることができます。

赤は、紅(べに)。紅花からとった紅を、リップとしてだけでなく、アイライナーやアイシャドウ、ブローなどのように使いこなしました。古代から紅化粧には魔除けの意味がありました。

黒は、眉墨とお歯黒。江戸時代、女は結婚すればお歯黒をし、子を産めば眉を剃ったのだそうです。


お歯黒は古代からアジア地域に見られる風俗文化で、虫歯の予防法でもあります。
wikipedia 「お歯黒」

鉄漿水と呼ばれるお歯黒水はかなり独特の悪臭を発するので、家庭の奥様は家人が起き出す前にひっそりと塗っていたとか。奥ゆかしいですね。

お歯黒した女の人ってなんだか気味が悪いと思う人も多いでしょう。ところが江戸時代の化粧関連の文献を漁ってその美意識を吸収してみると、

「ふーむ。やっぱり、お歯黒がないと化粧も締まらないな・・・」

とさえ思えてくる。

さて、お歯黒水がどんな「悪臭」を発するのか興味があるところ。当然、試作してみるでしょう。

まず、錆びた古釘が20本必要です。木工系のものは一通り揃えているパートナーに、「ねえ、錆びた古釘20本くらい持ってる?」と聞いてみた。「そんな物ふつうは捨てるから持ってないよ。いったい何に使うの?」と返って来て、説明に窮する。(別に悪いことをしてるわけではないのだけど 笑)

いざ古釘を調達しようとすると、これがけっこう難しい。

そこで19世紀建造の我家の屋根裏から、20本の古釘を抜くという意外な作業から、お歯黒水作りは始まりました。



さすが100年前の古釘。これ以上不可能なくらい錆びまくってます。


古釘を焼いてから、


沸かしたお茶に投げ入れます。


その間に麹を準備。2年くらい前に日本から持って来た冷凍のしかなかったけど、ま、いっか。


お茶、古釘、麹、塩、味醂、水飴、砂糖を混ぜ合わせ、こうして3ヶ月寝かせます。

できあがったら、このお歯黒水と五倍子粉(ふしこ)という粉を交互に歯に塗ります。毎日、あるいは最低でも数日に一回は塗るのだそうです。

(注)コスプレ・ボランティアを希望…

香といえば沈、沈といえば香

イメージ
「香といえば沈、沈といえば香」

日本の香料研究のパイオニアともいえる山田憲太郎氏が述べていたこの言葉。

沈香を嗅ぐとかならず思い出します。

沈香は遊郭の匂いそのものでもありました。

伏籠の中で焚き、その上に着物を被せて匂いを移したり、髪に匂いを移したり。

さらには布団の中で焚いて事に及んだり。

沈香は、遊女が巧みに操った、助情の道具でした。


今回の展覧会でも、香木そのものを焚ければ良いのですが、そうなるといつも誰かが火加減を見てなければいけないので、あまり合理的ではない。

香木を交換したりする面倒もできる限り避けたい。

沈香の精油というのは商品として市場に存在するので、その利用も検討してみました。

けれどもおそらく蒸溜法で採取されているものなので、焚かれた沈香の香気とのズレが気になる。


できる限り自然に近い沈香の匂いを、その空気・空間を、いつでもお客さんに嗅いでもらえるような状況を作りたい。

そこで、いろいろと試行錯誤。

乱沈香10gを轢き、粉状にしました。こんなに材料費の高くつくものの抽出は初めてで、緊張します。









自己流なのであまり濃度は高くできず、10g の沈香から 50ml 採取しました。

抽出した香気は驚くことに、確実に沈香のそれです。

日本のその道の方々に私の抽出した沈香サンプルを御渡しし、嗅いでいただいたところ、思いのほか沈香らしい性質が明確に表われている・・・と感心されてました。

ということで、かなりの自己流でやってるわりには、自分のカンに裏切られなかった、と自信をつけて調子に乗ってます(笑)

敢えて述べておくと、私がすごい大発見をしたというわけではないのです。その道の基礎研究をやってる方ならとうに実験済みであろう方法だからです。

けれどもこうした沈香absoluteが市場に出回っていないのは、おそらく樹脂分がベタベタしすぎていて商品化に向かないとか、採算が合わないとか、そんな商業的な理由からだと思います。

でもどんどん使っちゃいますよ〜、私は。

銀出し油を作ってみる

イメージ
江戸時代、髪を後ろの高い所で結う日本髪が一般に普及したため、髪を結うためのジェルやオイルが必需品でした。

家庭で簡単に作れたものとして「銀出し油」というのがあったようです。そのほのかな匂いが好まれたとか。

ポーラ文化研究所の研究員の方に協力していただき、文献を調べてみると、「サネカズラ(ビナンカズラともいう)の茎を水に浸して作ったもの」とのこと。

そこでこの前の帰国時に、鹿児島の春さんのご協力をいただき、実際に作ってみました。


春さんに、ダンボールいっぱいのサネカズラを送ってもらいました。


枯れた部分の茎で実験してみる。(いちおうまだ冬なので、送ってもらったのはほとんど枯れた部分)1晩漬けてもあまり変化無し。


太めの茎(まだ芯に緑の部分が残っている)を荒い輪切りにして、水に漬ける。1晩漬けると、水がトロッとしてました。ジェル状にはほど遠いので、もしかしたらもっと長く or たくさん漬けるかしないといけないのかも。この日は飛行機に乗らないといけなかったので、実験中断。サネカズラをオランダに持って来ました。緑の部分が乾いてしまう前にこれからまた実験してみます。5月の展示に使えるかどうかは、保存の関係で微妙・・・。


こちらは、ぎんなん工房さんに送っていただいた樟脳チップ。檜に似た、木の爽やかな香りそのものです。こちらもなんとか展示に使えないかとは思うものの、だんだん鮮度が下がってきてます。

求ム! 花魁コスプレ

(転送歓迎)

**********************************
花魁コスプレやってみたい人、求ム!
**********************************

ライデン市立美術館 Lakenhal に出現する遊女部屋で、花魁コスプレしてみませんか?

[概要]

簡単に説明しますと、「江戸時代の長崎出島のオランダ人と、その相手をした丸山遊女」のシチュエーションを再現する美術展の一部となっていただきます。

12:00の開館時間から着付けと化粧開始。そのプロセスにおいて、匂いが発せられるようになっています。約1〜2時間の着付けとメークの後、オランダ人のお客さんの相手をしていただきます。

どう相手するかというと、じつは床は用意してあるのですが、体のお仕事の必要はありません(笑)

遊女は匂いを仕事の道具として、つまり媚薬として駆使しました。そんな「匂いの素」を、化粧品や香水瓶などの形で、遊女部屋に散りばめてあります。その展覧会の案内人をしていただきたいのです。コミュニケーションは、ジェスチャーのみで。

16:00ごろになったらメーク落としを始め、17:00には終了です。

着物、カツラなどは、日本から仕入れてきたものを使いますので、けっこう本格的です。メイクは江戸時代の流行をできる限り再現します。基本は赤(紅)、白(おしろい)、黒(眉墨。場合によってはお歯黒も。簡単に取れますので、御心配なく)の3色です。世間にはいろいろな花魁像があるとは思いますが、映画「さくらん」のような、粋で艶っぽく、かつカッコいい花魁を作り上げたいと思っています。

なお、設置・針仕事など、花魁コスプレ以外のヘルプも大歓迎です。

[詳細]

展覧会 Holland Mania について、あるいは私のインスタレーションに関しての詳細は、こちらを参考に。
http://witch-lab.blogspot.com/2009/04/holland-mania.html


[日時・場所]

4月19日(日)までに、以下の中からご都合のよい日をお知らせください。できれば2つ〜3つのオプションをいただければ、こちらで調整しやすいので助かります。希望者多数の場合は、早めに連絡を下さった方を優先ということにさせていただきますので、ご了承を。

5/16 (土)
5/17 (日)
5/23 (土)
5/30 (土)
6/6 (土)
6/7 (日)
6…

Holland Mania 展 カタログ用テキスト

Holland Mania展に寄せて (カタログ用テキスト)
上田麻希

匂いは、異国の地に降り立ったときにまず気になるものである。それは未知の世界への入口として私達をワクワクさせてもくれるが、どうしても身体に馴染むことのできない異文化の壁をも感じさせてくれる。

ほとんど外国文化に触れることのなかった鎖国中の日本人にとっては、異国の匂いといえばオランダの匂いだったに違いない。果たして当時の日本人は、どのようなオランダの匂いに接したのだろうか? そしてどのようにオランダをイメージしたのだろうか?

丸山遊女というのがいた。妻子を連れて上陸することが許されなかったオランダ人のために、日本政府がお世話した長崎の遊女だ。日本人の中で唯一、出島での滞在も許された。いわば最もオランダ人に近い日本人だった。

彼女達はカピタンに勧められ、コーヒーを飲み、パイプでオランダのタバコを吸った。出島にはワイン、バター、食肉、サボン(石鹸)もあった。これらは、オランダでは今も昔も日常的に接するものであるし、現在の日本にもありふれている。しかし想像してみたい。これまでの人生で一度も接したことのないこれらの匂いを、初めて嗅いだとしたら、どうだろう。

この問いは、Holland Mania 展に寄せて作品を制作する上で、ひとつの出発点となった。

もうひとつの出発点は、オランダ人が運んで来た技術や香料が、どのように日本の匂いの風景を変えていったか、という興味関心だった。

日本の香りの歴史は、オランダの存在無しでは語れない。丁字やナツメグはオランダ東インド会社以前にも日本に入ってきていたが、丁字油、カモミール油、ラベンダー油 などのたくさんの精油がオランダによって日本に紹介された。

香辛料や精油は当時、香料としてよりは、オランダ式の医療薬として興味が寄せられた。そこで江戸幕府は、精油を国内で自給しようと、蒸溜法などの精油抽出方法をオランダ人から学ぶよう蘭学者に指示した。

大阪・堺の業者もオランダ人から手ほどきを受け、丁字油を製造し始めた。丁字油は切り傷、歯痛などに対する万能薬として、あるいは化粧下地、媚薬としても使われた。 これはオランダ人が伝播した技術が、後に日本の匂い風景を変えることになった、ほんの一例である。

もう一例ある。オランダ東インド会社時代、樟脳は日本の主要輸出商品だった。オランダ人はこれを高価な龍脳のチープ…

枝垂れ桜のお裾分け

イメージ
約2週間前、京都の鴨川で堪能した枝垂れ桜です。
桜の中ではこれがやっぱり一番好きです。
あんまり匂いはしないのですけどね。

美大でのワークショップ day 4

イメージ
4日目

最終日。
enfleurage法をとった学生のみ、抽出作業が残っていた。


箱の中に入っていた水仙を取り出し、油脂をさらう


この油脂に水仙の匂いが移っている

ひととおり、抽出の作業は終了。
これから展示の準備。





学生には、展示テキストをフォーマットに従って作成してくるよう事前に指示があった。


ロッテルダム港の匂い by Sumire Kobayashi


クラーリンゲンの森の桜の匂い by Sumire Kobayashi


今住んでいる家の庭の木(楓)の匂い by Sae Inukai


前に住んでいた家の庭にあった木(ローリエ)の匂い by Sae Inukai


柳の葉の匂い by Stefan Scholten


工事現場のセメントの匂い by Stefan Scholten


街路樹チェリーローレルの葉の匂い by Tea Hadzizulfic


道ばたの黄水仙の匂い by Tea Hadzizulfic


Blaak駅に落ちていた輪ゴムの匂い by Roos Wijma


中央市場のカルダモンの匂い by Roos Wijma


車のタイヤの匂い(代用として風船から抽出) by Fiona Martin


チョコレート屋さんの匂い by Fiona Martin


古本市場の匂い by Rebecca Rust


ジャガイモの皮の匂い by Linde Akkerman


中央市場のオレンジの匂い by Linde Akkerman


中央市場のヒヤシンスの匂い by Linde Akkerman


美大前のタバコの匂い by Wendy van der Hart


道ばたの草花の匂い by Norika Niki


苔の匂い by Norika Niki


工事現場にあった紙粘土の匂い by Ben Kim


美大前のタバコの匂い by Ben Kim


左から:
チーズバーガーの匂い
ルンピア(春巻き)スタンドの匂い by N. Hendriks & E. Koens
中央市場のミントの匂いby N. Hendriks & E. Koens
床屋の匂い by N. Hendriks & E. Koens
METRO紙の匂い by Steffie Henderson
dropje の匂い by K. Goudriaan
子供の時に遊んだ色粘土の匂い by Steffie Henderson


厳しい1週間を生き抜いたサバイバー。嗅覚は…