2011/12/27

嗅覚を磨くには。

先日、おもしろいNHKスペシャルを見ました。(珍しくテレビネタですw)


イタリアで活躍するソムリエの林さん。現地のマーケットでフレッシュな野菜の匂いを嗅ぎながら、ひとつひとつの匂いを言葉と結びつけながら覚えていった。私も、そうでした。日常の一瞬一瞬が、学びの場。丁寧に生きていきたいものです。


林基就さんのページ:
http://www.vinohayashi.jp/mototsugu/


NHKスペシャル:

ミラクルセンスを磨け あなたの知らない脳の力
優れた五感の持ち主たちに密着
驚くべき能力を科学的に分析する
視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚――私たちと外界をつなぐ5つの感覚「五感」。世の中には、人並み外れた感覚“ミラクルセンス(超感覚)”の持ち主がいます。目で瞬時に状況を把握するサッカーの中村俊輔選手。数千種のワインを匂いで区別できるイタリアナンバーワンにも選ばれた日本人ソムリエ。自分が発した音の跳ね返りを聞いて周囲の様子を知り自転車まで乗り回す全盲の青年など。
 信じられない能力を持つ彼らは普通の人と一体どこが違うのか?
 番組ではミラクルセンスの持ち主たちの日常に密着し、驚くべき能力を徹底調査しました。そこから明らかになってきたのは、人間の能力の可能性と奥深さ。感覚をつかさどる脳は、私たちがよりよく生きるために日々柔軟に変化していたのです。
 ミラクルセンスは、育つ環境や訓練次第で誰もが獲得できる可能性があります。
私たちに秘められた知られざる脳の力に迫ります。




2011/12/08

オークモス

先日、京都造形芸術大学の裏山を歩いていたら、目の前にこんなものが落ちていました。



おお・・・大多数の人にとっては、何の価値もないものに見えるのでしょう。しかし、これ実は、オークモスという苔の一種なのです。

オークモスは、近現代の香水には欠かせない香料です。そして、ひと昔前の男性用ヘアワックスの香りです。この香りを嗅ぐと、おじいさんを思い出す、なんて人は多いのでは?


京都の後は奈良に1週間滞在し、やっぱり散歩して見つけたのが紫蘇の花。まだこの時期でも咲いているのですね。嗅いでみると、春を思い起こさせるような、甘酸っぱい香り。そう、桜とか梅の花の香りに近いんです。



そして道ばたあちこちで目にするのは、よもぎの香り・・・スーッとする奥にほろ苦さが隠れいている、和の香りです。

香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...