投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

読書memo 呼吸と嗅覚について(1)

ヨガのプラナーヤマに関する本を読んでいるのですが、呼吸と嗅覚に関するおもしろいパースペクティブを提供してくれます。それは部分的に西洋的なサイエンスの常識を逸するものです。

著者のAndre van Lysebeth 氏(故)はブリュッセルのベルギー人。世界的に流行しているパワーヨガの原型アシュタンガ・ヨガの名士、故パタビ・ジョイス氏を、20世紀半ばに西洋に紹介した人です。つまり、ヨガの黎明期を作った人。

散文ですが、ここにメモしておきます。

”→” で始まる部分は、私の考えた事、経験から基づいた思考などです。


"Pranayama"
by Andre van Lysebeth


プラナ(生命エネルギー、ライフ・フォース)を吸収する場所(重要な場所順に)
・鼻腔に帰着する神経系
・肺胞
・舌
・肌

プラナ的な視点でいうと:

食べ物は太陽のエネルギーが凝縮されたもの。

フレーバー豊かな食べ物を食べることを重視。(古くなって味が抜けたものは×)
フレーバーはプラナではないが、フレーバーはプラナの存在を示唆する。
味がしなくなるまで噛むことを重視。

なぜ「胃腸」ではなく「舌」なのか?
例)
疲れている時、何かを口にすることで、その瞬間に回復が可能する。
胃腸に吸収されるには3時間ほどかかり、
消化には神経系の70%のエネルギーが費やされると考えていると、
舌で「生命力」が吸収されていると考えられる。

ホメオパシーも、舌の下にエッセンスを垂らし、ゆっくり吸収させる方式。

悪臭は毒を示唆するので、神経系にそのように働きかける。

→良いにおいの環境大事。

精油は、イオン化された、あるいはイオン化可能な形態で、生命電気のプラナを運ぶ
(Dr. J. Valnet)

芳香には、2つの役割がある。
ひとつは、花粉を媒介する蛾を引き寄せるため。
もうひとつは、遠隔的にバクテリアを殺すため。

鼻と神経(延髄?)は直接繋がっている
例)
意識を失った人に、気付薬を嗅がせる。
その本人はほとんど呼吸をしていないのに、気づく。
つまり、肺に取り込まれる前に、鼻腔で取り込まれ、神経が作動している。

→においは、意識されていない時もとりこまれ、体の神経組織に働きかけている。
やはり良いにおいの環境が大事。
下水のニオイや黴臭いところに住んでいたら、どうなるだろう?
同じ微生物のニ…

OLFACTOSCAPE - deconstructing Chanel No. 5 - 制作ノート

イメージ
■2月中旬


作品制作はまず、シャネル5番のデータ集めから始まりました。「そんな、調香データが公開されているの?」とみんなに驚かれますが、実はいろんなバージョンのシャネル5番が存在するんです。新入社員のパフューマーが調香を学ぶときに、よく使われる模範香水なのです。この香水は、現代香水の基礎として、スターティング・ポイントに位置づけられており、そこからあまり外れないようにアレンジが加わり、いろんな香水が世の中に出て来るというわけです。もちろん、ここで話しているデータが、実際のプロダクトに使われているデータと同じであるわけがありませんので、御心配なく(笑)。
そうだ、確かある嗅覚のエキスパートが、プレゼンでそのようなデータを使っていたような。メールを送ると、すぐ「返答」が送られてきました。(ある本の引用だったらしく、偶然にも私の本棚にもありました。)
それをもとに、私を常にサポートしてくれているイギリスの高級フレーバーメーカー、 Omega Ingredients の社長に連絡。香料を20種類ほどリクエストしました。「それ、おもしろいね!」と、今回もスポンサーしていただきました。頭が下がる思いです。
■3/12
香料が届いきました。その日は、V2でカーテンを吊るする作業をしていたので、帰ってから個々の香料を嗅ぎ、スプレー詰めするために香料の濃度を調整しました。ある香料が強すぎて、他を凌いでしまっては、残念ですからね。


■3/13
デモの2日前。実際にカーテンにスプレーしてみます。緊張する瞬間です。果たして、私の「机上の空論」が現実のものになるかどうか。1回目は、なんだか違う、シャネル5番とは違う匂いがしました。(たぶん前バージョンに使ったときの香料が僅かに残っていたのでしょう。)スプレーしてから1分後、5分後、10分後・・・と時間を計りながら香りのチェックをします。どうも理想の香りが得られない。気分転換に、布にスチーム・アイロンをかけて「ピシッ」と見えるようにし(これがなかなか根気の要る作業。)、スタッフと共に照明を様々に試しました。

インスタレーション単体だけの時、誰があんなにキレイなものに変身すると想像したでしょうか。照明次第で、いかようにも変化する作品だと、そのときに発見したのです。シャネル5番は「北極のような」ピーンと張りつめた香りを表現しているといわれています。なので、太陽…

OLFACTOSCAPE - deconstructing Chanel No. 5 - 発表!

イメージ
先日、ロッテルダムのメディア・アート系スペース、V2_ にて嗅覚に関するアート・イベント Smell This! があり、デモンストレーターとして発表してきました。



デモンストレーションとして展示したのが、OLFACTOSCAPE という2010年の作品。布で作られた直径3mの空間で、「空間における匂いのコンポジション」をテーマにしています。タイトルの" OLFACTOSCAPE" は、OLFACTO = 嗅覚SCAPE = あるシーン、この2つの単語で作った造語です。
今回は、サブテーマとして、 deconstructing Chanel No. 5 を掲げました。直訳すると「シャネル5番の分解」
円筒状のカーテンに、シャネル5番の重要コンポーネントを別々にぐるっとスプレーします。理論的に推論すれば、真ん中に立ったときに、「シャネル5番」のトータルな匂いが嗅げるはず。そして、カーテン沿いに歩けば単独の匂いが嗅げるはずです。音楽に例えれば、トータルな匂いが「ハーモニー」で、それを構成する単独の匂いが「トーン」です。そんなズーム・イン/アウト的な嗅覚体験を観客に楽しんでもらう、というインスタレーションです。
このアイディアは、初代バージョンのOLFACTOSCAPEを大阪で展示したときから抱いていました。そして、イベントに関するミーティングが2月上旬にあり、このアイディアをちょこっと話したところ、キュレーターが「それ、やるのにいくら必要?」と前のめりに・・・(笑)キュレータのハンサムで素敵な笑顔にすっかり口説かれてしまい、アイディアを検証するためのプルーフ・バージョンも作っていないのに、やることになってしまいました。
ワーク・イン・プログレスを見せる目的のイベントだったため、完成品ではなくてもよい。(時間もお金もかけられない。)けれども、観客にもある程度、きちんと体験してもらえるようなものを作ろう。そんな微妙な緊張感の中の制作となりました。

「あのシャネル5番を分解するんだってさ」という話題が話題を呼び、オランダの国民紙的な新聞にも掲載されてしまう始末です。作品はまだ「机上の空論」」だったのに・・・ (笑)ロッテルダムの他のトークイベントでもプレゼンをしました。地元色の濃いイベントなのに、唯一の東洋女性であるわたしは、明らかに異色・・・。




イベントでは3人…

Test_Lab ライブストリーミング

明日、V2のTest_Labは、こちらのページにてライブストリーミングされます。

http://www.v2.nl/events/test_lab_smell_this

20:00 Central European Time
日本時間、16日 04:00 AM 〜

匂いはストリーミングできませんけどね〜!

オランダ国民紙に掲載されました。Test_Lab @ V2_ 2012年3月15日(明日)

イメージ

Test_Lab: Smell This! @V2, 2012.03.15. 展示のお知らせ

イメージ
Test_Lab: Smell This!
Witness the decomposition of Chanel No. 5, sniff out a partner, taste with your nostrils, and more treats for the nose. With Sissel Tolaas, Susana Soares and Maki Ueda. Opening: Caro Verbeek.


March 15th 20:00 to 23:00 location: V2_, Eendrachtsstraat 10, Rotterdam Add event
vCaliCal

+31 (0)10 206 7272


Demonstrations: Sissel Tolaas (NO/DE) | Susana Soares (PT) |Maki Ueda (JP/NL) | Opening: Caro Verbeek (NL) | Performance: