スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

嗅覚のための迷路展 Q&A (長いです)

嗅覚のための迷路展について、質問に答えてもらえないかというご要望にお応えしたときの回答です。 (長いです)

1)先ず、お話をいただいた時のお気持ちとかリアクションとか、感想いただけますか。

このお話をいただいた頃は、日本の名だたる美術館からいくつもオファーをいただきながら、コンテキストや空間に関する条件が合わず実現できなくなってしまったので、日本では嗅覚アートの展示は所詮無理なのだろう、と絶望のどん底にいた頃でした。無論そんなのは、まあ、たまたまだったのでしょうけど…私も落ち込むことはあります。

そんな最中だったので、ほんとうにできるのかなあ? と正直、半信半疑でしたので、まずこう問い詰めました。「日本の公共美術館での嗅覚芸術は前例がないので、いろんな障害が出てくるでしょう。覚悟はありますか?」怖かったでしょうね。(笑)

2)藤本さんの思いをどのように表現しようと思いましたか

藤本さんはひとつひとつの作品をしっかり理解して、その良さを最大限に生かそうとしてくれる学芸員さんでした。ですので、こちらも遠慮なく提案することができました。藤本さんからの打ち返しも素晴らしかったですね。学芸員さんは通常、作家と社会を繋ぐ立場にあるので、問題が発生した時、どうしても建前を優先しがちですが、藤本さんはふだん控えめながら、「どうしてもこの作品が見たい!(私が)体験したい!」という想いが溢れ出ている。私は建前を嫌いますが、そういう個人の想いには弱い。

今回は予算の都合と、商標に抵触する恐れなどから、展示内容が2転3転し、藤本さんのいちばん見たかった作品は諦めざるを得なかった。でも結果として、2つも新作を作ることになりました。全館を埋める展示の割にはタイトな予算の中、3作品のうち2つ新作というのはやはり、お互いの信頼が構築されたからでしょうね。

作家は、よき理解者となるキュレーターとの出会いにより、初めて作家になれるということを、あらためて実感しました。

3)今回、日本の美術館で初めて嗅覚の展示会が実現した背景として、社会の流れというか世相というかどのようにお考えですか。

香りに興味を寄せる人は、増えてはいます。けれども、「香害」という言葉が流行り出したこともあり、嗅覚芸術はむしろ逆境に向かっていると思います。作品を展示する母体(=美術館)には、社会的な責任があるからです。

今回は…

最新の投稿

嗅覚のための迷路展 総まとめ

今後のSNSへのポスティングポリシー

インタビュー Q&A

「嗅覚のための迷路」 内覧会ご招待

どうやったらアーティストは不労所得を得られるか

日本の公共美術館で、初の嗅覚アートの展示となります!〜嗅覚のための迷路展@清須はるひ美術館〜

AROMA RESEARCH 79号 寄稿

天然の精油は、エコではなくエゴ

香りを産むのは田舎、消費するのは都会

お知らせ 〜hagazine、嗅覚デザインWS、そして清須はるひ〜