2009/09/29

Edible Perfume Workshop @ Dordrecht - お知らせ -

Edible Perfume Workshop on 10-10-09

About the Edible Perfume Workshop (in English):
http://www.ueda.nl/edible_perfume

About the Edible Perfume Workshop (日本語):
http://www.ueda.nl/edible_perfume/index.html

CBK Dordrecht site (in Dutch):
http://cms.dordrecht.nl/dordt?nav=kxnljMsHaKpPQwByGzJN

The text below is copied & pasted from the site.

---

CAMERA JAPAN FESTIVAL
Dit jaar vindt voor de tweede maal een Dordtse editie van het Camera Japan Festival plaats. Het CBK programmeert een bijzondere workshop van de Japanse geurkunstenares Maki Ueda en een [F]luister concert.

Behalve in Dordrecht vindt er een Camera Japan editie plaats in Amsterdam, Rotterdam, Breda, Utrecht en Leiden. Er wordt een bijzonder programma samengesteld dat bestaat uit muziek, films, lezingen en workshops. Op lokaal niveau is het festival een samenwerking van [F]luister, filmhuis Cinode, de Popcentrale en het Centrum Beeldende Kunst.

ZATERDAG 10 OKTOBER: WORKSHOP 'EDIBLE PERFUME' VAN MAKI UEDA
ヤVoedsel combineert goed wanneer zij wezenlijke smaakcomponenten gemeenschappelijk hebben.ユ Dit is het concept achter het principe van foodpairing (het paarsgewijs rangschikken van voedsel). Een concept dat volledig geaccepteerd is in de moleculaire gastronomie. In de database www.foodpairing.be zijn alle mogelijke combinaties te vinden. Het helpt om voedsel verrassend te combineren en nieuwe smaken te cre喪en. Denk aan grapefruit met cardamon of wortel met sinaasappel. Chefkoks gebruiken het als inspiratiebron om nieuwe recepten te ontwikkelen zoals grapefruitjelly met cardamonsaus.
Workshop van maki Ueda

Als geurkunstenaar is Maki Ueda gewend om geuren te onttrekken aan ruwe materialen. Ze raakte zo gefascineerd door het foodpairing concept dat ze een workshop heeft ontwikkeld die focust op zowel geur als smaak. Ueda combineert dit met de kunst van het componeren van een parfum, de kunst om de perfecte balans te vinden tussen honderden aromatische ingredi創ten. Het is een hands-on workshop over het onttrekken van geuren en samenstellen van nieuwe geuren en smaken, ge貧spireerd door het concept van foodpairing. Voor deze Edible Perfume (eetbaar parfum) workshop moeten de deelnemers zelf de twee basisingredi創ten meenemen en kunnen dan bijvoorbeeld olie maken met de smaak van basilicum en zwarte thee. Of een likeur geparfumeerd met aardbei en wortel of grapefruit en parmezaanse kaas.

DEELNEMEN?
De workshop vindt plaats op zaterdag 10 oktober van 14-17 uur in het CBK. Deelname kost ロ 20,-. De voertaal is Engels en er kunnen maximaal 20 mensen aan deelnemen.
Vooraf aanmelden is noodzakelijk, u ontvangt dan ook alle benodigde informatie. Aanmelden kan bij het CBK cbk@dordrecht.nl of 078 6314689.

[F]LUISTER
Op zaterdag 10 oktober om 20.00 uur vindt een [F]luister optreden plaats, meer informatie is binnenkort te vinden op onze website.

五感のための晩餐会 (2)

Camera Japan 2009
Photos by: [by/nc/nd] Moritz Bernoully
View more photo streams of Camera Japan 2009: [by/nc/nd] Moritz Bernoully




Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by









Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by












Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by









Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by










Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by










Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by










Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by





Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by





Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by





Camera Japan 2009
Originally uploaded by m.by

五感のための晩餐会 (1)

DINNER FOR MUTED SENSES
- food art workshop in restaurant setup -

2009/09/27
@ Lantaren Vesnter, Rotterdam
presented by: Camera Japan Festival





お通し

聴覚をミュートあるいはアンプリファイすることで感じられる
感覚的な音のための品々

耳栓着用

  •  青海苔せんべい
  • もろきゅう
  • 揚げそうめん
  • わかめサラダ
  • そばかりんとう
  • 枝豆
  • 麹漬け(上田家秘伝)
  • ミックスナッツ







前菜


味と匂いの実験のための品々

1. 拭香紙を使って MISO SOUP PERFUME の匂いを嗅いでください
 (あるいは口に吹きかけてください)



MISO SOUP PERFUME は、味噌汁を蒸留して作られた香水。
透明ですが、フレーバーは味噌汁そのもの。

匂いの特徴が時間の経過で変化するのを追ってください。
  • トップ・ノート(ネギ)
  • ミドル・ノート (椎茸/昆布だし)
  • ラスト・ノート (味噌)



2. 本物の味噌汁を味わってください。




主菜

目隠着用

全く同じディッシュが2回サーブされます。

1回目:
  • 目隠着用
  • 手づかみで

2回目:
  • 目隠は外す
  • 箸を使って










デザート

ビックリ・アイス

目隠・耳栓着用







スペシャル・ドリンク


グリーン・ティー + オレンジ・ジュース・スプレー



オレンジ・ジュース・スプレーを口に吹きかけ、それから緑茶を口に含ませます。

"ふたつの食品の主要成分に共通するものがあった時に、それらはうまく組み合わさる。"
: モレキュラー・ガストロノミーの共通認識としてのコンセプト
(www.foodpairing.be)






STAFF

遠藤みさ枝、マリア
稲村朋子
上田のり子
上田麻希

2009/09/24

満員御礼

五感のためのディナーはおかげさまで、予約でいっぱいになりました。どうもありがとうございました。これ以降の予約はキャンセル待ちとなりますので、宜しくお願い致します。

2009/09/17

[五感のための晩餐会]の準備

現在、 Dinner for Muted Senses (感覚のための晩餐会)の準備の真っ最中。

さほど熱心にPRしてるわけでもないのに 予約も19名になりました。アートシーンで顔の知れたキュレーターやディレクター格の方々もけっこういらっしゃる予定。こういう試みをアート的な興味で受け止めてもらえて、とっても嬉しいですね・・・ほんとうに。

一昨日は生地屋さんやマーケットを回り、ナプキンやテーブルクロスを作るための布を仕入れました。絞り染めに挑戦してみたいと思ってたので白い布を購入したんですが、・・・ そんなことしてる余裕はなさそうなので、白のまんまにすることに決定。絞り染めにしたかった理由は、布の触感が柔らかくなるのと、アブストラクトなビジュアルがとてもこのテーマに合ってると思ったから。でもまたこんど、暇な時にでも。

メニュー構成もだいぶんできあがってます。あとは試しに作ってみるのみ。といっても我が家ではふだんが精進料理っぽいので、あまり心配はしてません。明日は蒸溜作業です。

当日の配膳スタッフも決まりました。花魁プロジェクトでもおなじみの遠藤みさ枝さんと、花魁布団を作ってくれたソーイング・アーティストの Jane (Tomoko Inamura)。おふたりには着物を着ていただいて、「小料理屋の女将さん」を演じてもらう予定。みさ枝さんの本業は、KLMのフライト・アテンダント。これ以上理想的な方はいません。Janeは、普段触覚的な仕事をしてる人なので、このディナーの趣旨を説明せずともに完全に理解してわかってもらっている感があり、やはり信頼が置けます。

料理や皿洗い等は、私が母と一緒にやろうと思っています。両親がたまたまオランダに遊びに来るのです。母には「手伝ってもらいたいことがある」ということ以外、詳しく説明してないので、まさか料理を手伝わされるとは思っていないことでしょう・・・。むかしは母を手伝いながら教えてもらった料理。こんどは手伝ってもらう立場というのは、私も楽しみです。

そう、ユニフォームは着物です。みさ枝さんはご自分のを持ち合わせていらっしゃるのですが、その他の人に関しては私のストックから選んでいる最中。ストックはほぼ全て、父母両方の家の祖母から受け継いだものばかり。それもものすごい数に上るので、役立てるのは難しいなあとかねがね思っていたのですが、チャンスは巡って来るものですね。有り難く使わさせていただきます。

今日はSenと、会場を下見しました。子供向けのプレイ・コーナーを彼に一任しています。
「あそこの角でやってほしいんだけど・・・」
というと、
「わかった」
という心強い返事。今の所、子供の予約が1名しかないので、もっと来てほしいところです。

ディナーの最中、どの音楽を流そうか・・・と、手持ちのCDをいろいろ聞きながら、徒然なるままに書きました。ディナーのひとつひとつの要素を決定していくのは、「何を表現したいのか」という問いに対し、自分の持つエネルギーを絞り出しつつ答えていくことでもあります。とても孤独で体力を要しますが、楽しい作業です。これがまた終わったら、「ああ終わっちゃった。寂しいなあ」と感じるんですよ、きっと・・・。

2009/09/16

向こう半年の予定

向こう半年の予定 メモ

9/27 Dinner for Muted Senses, Camera Japan Festival

10/1, WDKA(ロッテルダム美術大学)にて「折り紙」ワークショップ(??詳細不明)

10/10, CBK Dordrecht にて Edible Perfume Workshop

10/13-16, WDKA(ロッテルダム美術大学)にて 4日間 Projectweek 講師

[title] How to confuse our senses?

This workshop is about the illusion of smell. The question is "how to confuse our senses?", with a special attention to the sense of smell (partly the sense of taste).

Kohlrabi tastes like cabbage. Hyacinths smells like jasmine and rose. We come up with such brilliant connections often when we smell (or taste) without seeing. It tells us how the sense of seeing influences other senses. An object that looks like an apple has to smell like an apple, according to our eyes. Otherwise we get confused.

Let's get confused in this workshop. What we'll make in this workshop is something that confuses our senses.

example:
"a piece of apple that smells like orange"
"a cup of spinach served as fresh green tea"

The result of the workshop is a playful exhibition.

1st day: theory / discussion
2nd day: theory / experimentation(assignment)
3rd day: experimentation(assignment)
4th day: exhibition / discussion



12/7-18, 京都造形大にてレジデンス&ワークショップ&講師 テーマ:においをメディア化する実験(仮題)

12/20, 京都アーティスト・サミット

1月 アムステルダムで展示(何処で?何を?・・・詳細不明)

2月 デン・ハーグ王立音楽院&王立美術学校合同設置学部Interfaculty Art Science で講師

Smell and Art
Maki Ueda
KABK PB301

What is it that we are smelling, what does it make you imagine, what does it make you feel? Could we incorporate the olfactory sense in art? Could smell be a medium carrying information? This course will deal with these questions through a combination of lectures, workshops, intermediate presentations and a final presentation.
In this course we will start with looking at examples of art and the olfactory sense, then we will discuss the potential of the olfactory sense in art. The workshops will first focus on fieldwork and on observing the environment with the olfactory sense. You wil smell a lot and learn how to communicate about smell with others, using a basic vocabulary for analyzing and expressing the character of a smell. Secondly we
will extract smells from raw materials like soup, cheese burgers, old books, rubber tyres, flowers, and smelly T-shirts. You will learn how to do this yourself and how to compose new smells (in the most simple way).

Dates: 1, 2, 4, 8, 9, 11, 15, 16, 18
February
Times: Mon, tue, thu 13.00—16.00
Credits: 1.5 EC
Objective: An introduction to artistic
use of the medium of smell
Literature: To be announced in class
Location: KABK PB301
No. of classes: 9 clss / 3 hrs
Examination: Small assignments, attendance

2009/09/06

五感のための晩餐会 お知らせ

HOME


五感のための晩餐会 (Dinner for Muted Senses)

フード・アート・ワークショップ





是故空中 無色無受想行識
無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法

It is free of the eyes, ears, nose,
tongue, body and mind;
free of sight, sound, smell, taste,
touch, and any object of mind;
free of sensory realms
including mind-consciousness.

- The Buddhist Heart Sutra (般若心経)-





レストラン形式の、ユニークなフードアート・ワークショップで す。目隠しや耳栓など、感覚を消したり強調したりするための小物がひとつひとつの料理に添えられます。これで五感のどれかを鈍くしたり鋭くしたりして、食 べるという行為を再認識するディナー。主にオーガニックの食材を使った、和食の菜食料理です。

このワークショップは、匂いのアート作品で知られる作家・上田麻希によって企画・構成されています。

食べるということは、味覚だけでなく、五感(あるいはもっと多くの感覚)で楽しむ行為。趣向を凝らしたこの晩餐会にてぜひそのことを実感し、未知の感性や感覚を発見していただければ幸いです。(要予約)





MENU (例)

前菜: 色無しの品(目隠しつき)
触覚的、感覚的、香り高き一品
主菜: 音無し、あるいは音煩わしの品(耳栓つき)
体内感覚で楽しむ一品
デザート: 匂い無し味有りの品、あるいは匂い有り味無しの品
味 と匂いの魔法にかけられる一品




Information

フェスティバル名: Camera Japan Festival
日付: 2009年9月27日
レストラン開店時間: 18:00 - 21:30, ラスト・オーダー 20:30
可能参加者数: 25
予約の方法: 9/25までに、witchlab [at] gmail.com までemail下さい。
明記事項:
- 名前
- 時間 (18:00 / 18:30 / 19:00 / 19:30 / 20:00 / 20:30 から選択)
- 人数 (子供の数)
- 携帯番号
場所: ダンス・スタジオ
Lantaren/Venster,
Gouvernestraat 133, 3014 PM Rotterdam
料理のスタイル: 和食フュージョン / 精進料理, lacto-ovo 菜食
ドリンク: オーガニックの緑茶は無料です。お好きなワインやビールの持ち込みも可。他のドリンクは普通のバー・プライスですので、お持ち込みの方がお得です。
料金: 35 euro
お子様弁当 5 euro (おにぎり・おかずの簡単なものです)
現金のみ。レストランで支払い願います。
連絡先: 06-54 65 80 54 / witchlab [at] gmail.com



キッズ・コーナー

当レストランはファミリー・フレンドリーです。(そうあるように 目指しています。)もしお子さんと一緒にいらしたい場合は、そうしてください。そしてその旨を予約の際にお伝えください。上田の息子であるSenが、キッ ズ・コーナーをオープンします。日本のあらゆるオモチャをご用意してお待ちしています。




インスピレーション

このワークショップの最初のインスピレーションとなったのは、ブリュッセル・ ベースのアーティスト・コレクティブである FoAMの活動でした。マヤ・クズマ ノビッチが企画した刺激的なイベントのひとつに、2008年11月の Open Sauces という晩餐会がありました。食の未来に関して多角的に検討するための企画で、 そのトピックは分子ガストロノミー、食と感覚器官(上田もこのトピックに寄 せて作品を提供)、食の流通や食糧危機問題、食の安全など、多岐に渡るもの でした。

photos by: Alex Davies


参照URL

FoAMについて:

http://fo.am/

分子ガストロノミーとフード・ペアリング:

http://www.foodpairing.be/

http://khymos.org/pairings.php

上田麻希に関して:

http://scent-lab.blogspot.com/ (blog)

http://www.ueda.nl/ (portfolio)



香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...