投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

御蔵島の森の香りを抽出

イメージ
御蔵島は東京の南約200kmに位置する、小さな島です。

島一周すべて断崖絶壁というユニークな地形。
そのため雨が降りやすく、つねに森が潤っています。
ちょっと屋久島に似ていますね。

週末を使って「御蔵島・五感の旅ツアー」に参加してきました。
ちなみに野生のイルカと泳げることで有名な島ですので、ドルフィン・スイムつき。




この島の海辺はどこもかしこも外洋に面してる断崖絶壁。 穏やかな磯や砂浜が全くありません。 そのためか、こんなに海が目の前にあっても、潮の香りさえしないのです。
じつは、潮の香りとは、海藻や魚などの死骸や、人間の生む排水が養分となって活性化する、プランクトンの匂いです。いわゆる腐敗臭ですね。
この海の生態系も豊かだとは思われますが、 荒い波がそれをきれいに洗っていくので、 常に海辺がリセットされるのでしょう。
それは山についても同じことがいえます。 木の葉や動物の死骸の腐敗が、いわゆる「森の香り」の重要な要素だったりするのですが、 常に雨が地を洗い流しているからか、 条件としては発酵や腐敗に十分の気温や湿度が揃っているにもかかわらず、 熱帯雨林的なムンムンした感じではありません。
というわけで、匂いの研究には非常にハードルの高い場所でした。 しかも風・雨という悪条件。 本来そこにあるはずの匂いも、風が容赦なくさらっていきます。
ですので探索した森でも、漂う空気に嗅覚を任せるというよりは、 「ここにはきっと香りがあるのではないだろうか」的な冷静な目での判断をしながら、 抽出できそうな素材を採集しました。
本来は数倍時間をかけるところ、集団行動だったので、カンを使ってささっと手短に。 生きている森ですので、遠慮がちに、なるべく落ちているものを拾う感じで。


入り口にはサクユリが咲き乱れています。 花屋のカサブランカの香りより、清らか。

この日の森は、雨上がりだったこともあり、質量が重いような、湿った香り。 土の黴がツンと鼻につきます。


↑木の根が腐敗して土へと還るその途中
↑広葉樹も針葉樹も、竹も笹も混在する、なんでもありの森でした。 ここは杉林、ちょっと進むと竹薮、そのさらに奥は鬱蒼としたトトロの森・・・といった感じに、景観がダイナミックに展開します。 この多様性、かなり珍しいのではないでしょうか。
↑この植物をたくさん見かけました。↑ガイドさん、これなん…

御蔵島で、香りを抽出してみようかな。

今週末は、御蔵島に行く予定です。

「香りの風景」を抽出して香水化するプロジェクト AROMASCAPEシリーズは、Singapore とか Rotterdamとか、わりと都市をテーマにする機会が多かったのですが、こんどは自然を相手にしてみようかなと思っています。

東京の南へ船に乗ること2時間。東京都の小島ですが、原生林が広がると聞きます。その森と、海の香り、そして時間が許す限り、島の生活の匂いなどにも取り組めればいいな。

そんなふうにイメージしながら準備をすすめています。来週にはここにその結果報告できるかな?