2011/02/27

公民館で五感のアートを企画する、世界一「いい女」

(↑その「いい女」はココにはいません。ねんのため。最後まで読んでくださいまし。)

今回のEdible Perfume Workshopは、今までにないチャレンジングなワークショップでした。

というのも、参加者の「市民度」がこれまでで最も高かったのです。オーガナイザーである Sensational Mix は、地域とアートのインターベンションを試みるイニシアチブ。単に事務所代が安いからという理由で、移民ばかりのややスラム化しているロッテルダム南部に居を構えているのですが、こんどはそれを逆に利用して、アートのようなハイ・カルチャーと全く関わりのない地域住民向けのワークショップを企画してしまったのです。なんというラディカルさ。

つまり相手は、これまでのアーティな参加者とはわけがちがう。「こんにちは。わたしは、アーティストです。そもそもアーティストってどんなことをする人かというとですね・・・」みたいな話から始めなければいけない。しかも英語よりはオランダ語の方が望ましいわけで、私にとっては難易度が高い。そして、白人的オランダ市民だけならともかく、文化的コンテキストがまったく異なる、スリナムとかトルコとかからの移民も含まれる。

でも、Sensational Mixのアプローチが、じつに冴えていたのです。毎週木曜日、「五感」のどれかをピックアップ、5週間かけて五感すべてをカバーする。これならアートがわからない人でも、「五感」といわれたら入り口に入りやすい。とくに嗅覚は、ふだんの社会的・文化的コンテキストが違っても、コミュニケーションしやすい普遍的な感覚。五感のなかでもいちばん人気だったそうです。



今回のワークショップにあたり、有名な蒸留所 RUTTEが、快くスポンサーになってくれました。オーガニック・ウォッカです。Sensational Mix がスポンサーのお願いメールを送ったところ、じつはここの社長さんがドルドレヒトでのワークショップに参加していたとかで、ふたつ返事でOKが来たとの事。

さて。どうなることやらと思われたワークショップでしたが、さすがに回を重ねてきたからか、無駄な労が減り、ゆったりとした流れの心地よい3時間だったと思います。説明も全て単純化し、主婦感覚の例えを駆使しました。いちばん大変だったのは、おしゃべり好きなオバチャンの話をうまくかわして切り上げることだったかも・・・。








今回は、地元の新聞やテレビが揃って取り上げてくれました。カメラが入ると、会場はとたんに熱気を帯びます。参加者は20人。サイドには、小学生などを含めた25人のギャラリーもいました。

そんな中、よくオランダ語でマイクを通してワークショップを率いたものと、自分でも感心します・・・自分で自分を褒めるようで何ですが。カメラの前でも、オランダ語。ふだんイヤイヤながらオランダ語を使わなければいけない生活も、ここで役に立っているわけで、それがまた自信につながるわけで、人生無駄なことは何も無いというのはこのことなのでしょうね。

落ち着いて全てに取り組めたのは、Sensational Mix のナタリーのおかげでもあると思います。じつは彼女、私がオランダに住むことになった原因の33%くらいを担っている人物。10年ちょい前、実績もなにもない駆け出しのアーティストだった私がしたためていた Hole in the Earth というアイディアを「おもしろい!」と言い出し、作品のプロデュースをしてくれたのです。残りの33%は後に結婚することになった人が原因で、残りの33%は日本の外の世界への興味でした。

その後彼女は、私が文化庁の若手芸術家助成金でオランダに滞在していた時代に「受け入れ先」として、いろんなことを教えてくれました。それこそ、あんなことからこんなことまで(笑)。彼女はキュレータとしてとても才能がありますが、王道のキュレーターの道は歩みたがらず、アートをもっと社会に押し出す、その危うい崖っぷちを選びます。それがまたカッコいいんです。容姿端麗で頭もよく、かつ独創的なセンスと視点を持ち併せ、しかもチャーミングでセクシーな彼女への敬愛は、それ以来ずっと変わりません。当時から彼女は、私の中での「世界でいちばんいい女」ですが、その地位は揺るぎそうにありません。

ここまで書いたら、「ナタリーっていったいどんな女性だろう・・・」と思ってしまいますよね。ご期待に応えましょう。写真右端に映っている黒ずくめの女性です。


ここからの話はほんとうに余談ですが、彼女と出会ったきっかけは、私の大学時代の恩師である藤幡正樹氏がV2(世界的に有名なメディア・アートの組織。ついこの前、私もPalm Top Theater のキュレーションを行った)の常連さんだったこと。V2のとあるイベントの後、みんなでワーっと行った食事の席で、偶然にも隣に座ったのが彼女。当時、V2のディレクターのガールフレンドでした。1999年のことです。

その彼女との出会いにより、オランダに住む事になり、また今こうして一緒に仕事したりするのだから、人との出会いや縁の成せる業におどろくばかりです。

2011/02/25

Edible Perfume Workshop on TV Rijnmond News today!

昨日おこなわれたワークショップの模様が今日、TV Rijnmond (Rotterdam's local channel) ニュースに流れます。

2011/02/12

スケベニンゲン 公演

私が匂い部分を担当するパフォーマンスの公演が、本日+3/20にあります。谷崎エロスの世界よりインスパイアを受けた、ドロッとした、かつジメッとした作品群です。

参考:前公演 [刺青]

(私の芳しくない体調のため、本調子の参加ではありませんが、作品自体は素晴らしいものです。是非、写真では味わえないその空気を堪能してください。)






[leiden] *SOLD OUT
12th of February
18:00-dinner, 21:00-performance
@ Scheltema Complex (Marktsteeg 1, 2312 CS Leiden)
Entrance: 29.5 euro (including dinner)
reservation till 11th february 12:00

[amsterdam]
20th of March
20:00-
@Steim (Achtergracht 19, 1017 WL Amsterdam)
http://www.steim.org/steim/

!!! Please do not wear perfume in the performance !!!

MEMBER
Chiaki Horita (dance)
Yota Morimoto (electronics)
Akane Takada (mini koto)
Ryoko Imai (percussion)
Maki Ueda (olfactory art)
Oyuki (art)
Noriko Koide (composition,violin)

MORE INFO

- What is Sukebeningen Project?
Sukebeningen Project is a project to create multidimensional works of art based on characteristically Japanese eroticism. We explore the cultural differences in the conception of eroticism between the Netherlands and Japan from many different angles such as music, electronics. dance, fine arts, and olfactory art.

- The name "Sukebeningen"
The name of the project "Sukebeningen" comes from the beach Scheveningen in Den Haag, the Netherlands. Japanese pronounce the word "Scheveningen" /sukebeningen/. The word "sukebe" means somethig like "lecherous" or "naughty," and "ningen" means human being. So "Sukebeningen" means a naughty man. In Japan, therefore, Scheveningen is well-known as a beach with a funny-sounding name. One might say the name is ambiguous: for Dutch, it refers to the beautiful beach; for Japanese, it refers to a naught man. For both peoples, the name of the project is very familiar.

- Why eroticism?
One's conception of eroticism reveals his or her sexual sensitivity at a very personal level. At the same time, eroticism reflects the taste of a people at the cultural level. Indeed, eroticism is an important aspect of the cultural aesthetics.


Everyone is interested in eroticism, and how different cultures conceive of it. But, it is also a sensitive topic, and it can be difficult to talk about it. We want people to enjoy our works personally and casually, although at the same time we deal with eroticism honestly and seriously.


ABOUT THE PIECES

[MOON]
The piece is based on Tanizaki's essay "Love and Lust." During the piece, the room will be completely dark. Please enjoy the piece using not only your eyes and ears but also your other senses.
---quotation of the essay---
- Women come together with Night always
- Women are hidden in the inner part of the dark of night, are not appeared in the day time, are appeared like a illusion in the dream world. It is pale like moon light, faint like a sound of insect, fragile like a dewdrop on the grass...
- Eastern women are inferior to Western women in the beauty of figure and skeleton, but in the beauty of the skin and its texture, Eastern women are superior to Western women...
- in short word, in the male side, western women is good for looking than hugging, and eastern women are opposite.
- it is more aesthetic to delete individual color of each woman

scents:
The scent of a white flower that blooms at night for attracting moths

[SHIJYUHATTE]
Shijyuhatte is a Japanese kama sutra, originally it is a generic name of Sumo technique which decides the game. Derive from that, it has been used as a catalogue of the 48th postures of sex in Syunga since the Edo period. Each position has a poetic name. The names give us the impression of the rich imagination of the people in Edo period.
The choreograph is based on these 48 position of sex, and the music is based on the sound that actually existed in Yukaku (Japanese red light district) where Yujyo was. Moreover we put the element of Ozashiki-Asobi (game or play with Yujyo in Yukaku) such as Hauta "Ume ha saitaka" (song of Yujyo), Long pipe which is the symbol of Yujyo, song with game "Konpira-funefune." The reason is that there was a sophisticated culture that enjoy communication with Yujyo though the games and plays more than sex itself in Yukaku in Edo period.

scents:
The scent of cherry blossoms


[THE TATTOOER]
The piece is based on the short novel "Shisei (the Tattooer)" written by Jun-ichiro Tanizaki. The premiere of the piece is 2010, in Den Haag Het Nutstheater. This is the revision of it. The novel "Shisei" includes some stimulative contents about expression of love such as a fetishism for leg, sadomasochism and so on. A lot of works of Tanizaki which have his peculiar view of the world were made into moves, and Shisei is also one of them. In this moment, we do not use "language" in the piece and try to express it more abstract way, music, dance, art, perfume.

The first scent: 
Jinko, an aphrodisiac incense that used to be diffused permanently in the Japanese red light district in the old days. It symbolizes the ecstasy. 

The second scent: 
Shoko, an incense that is dedicated at the Buddhistic ceremonies and funerals. It symbolizes the death.

2011/02/04

Earth Beat Radio でインタビューが放送されます。

excerpt from:
Radio Netherlands Worldwide, 4th of Feb. 2011
http://www.rnw.nl/english/radioshow/sensing-our-environment



Earth Beat, 4 February 2011. From using smell in both architecture and art to influence behaviour and emotion, to customising soundscapes, we examine how smell and sound affect the way we do things.




Download
Listen to this week's show (to download right-click button & "save as")

Subscribe to podcast feed  Subscribe in iTunes  Like us on Facebook  Follow us on Twitter 

Sensory architect
Smell has powerful effects on our behaviour. Richard Mazuch is a director at Nightingale Associates, an architectural firm in London that specialises in this kind of thinking. When he designs hospitals and schools, he takes smell into consideration. He explains how scent can help speed up the healing and learning processes and why his colleagues should stop ignoring it.

Olfactory art historian
Smell has been indirectly used in art since time began. Caro Verbeek is an olfactory art historian or, as she likes to put it, an art historian of the other senses. Host Marnie Chesterton paid her a visit to find out exactly how much olfactory art history there is, and what it is that artists are trying to convey about the environment we live in when they use smell.

Smell artist
Maki Ueda is a visual artist who uses the medium of smell to intensify her work. One of the things she does is try to capture the smell of a place. Marnie went on an olfactory tour of Rotterdam, where Maki lives, and talked to her about what she does.

Smell map
We like the idea of a smell map. Particularly if you can use it to find the way to the one you love. Ross Sutherland has some poetical instructions.

Making the world sound beautiful
Julian Treasure, author of the book Sound Business and chairman of the UK-based consultancy Sound Agency talks to Marnie about how companies can save money and drastically increase staff productivity and profits from the sound they produce. Julian creates what he calls soundscapes, which he believes have an enormous impact on or health and sanity.
  
Click image for slideshow

>>

CINEMA TODAY に記事が掲載されました

iPod やiPadで3D映像が!驚きのi3DGは日本発!多くの来場者が詰め掛けて大人気!

iPod やiPadで3D映像が!驚きのi3DGは日本発!多くの来場者が詰め掛けて大人気!
写真からも立体映像になっていることがわかります-ゲスト・キュレーターを務める日本人アーティスト上田麻希さん
 [シネマトゥデイ映画ニュース] オランダで開催中の第40回の記念大会を迎えたロッテルダム国際映画祭で今年、市内に40か所に点在するギャラリーや映画館はもちろん、フィットネスクラブや託児所までをも会場にしたメディアアートのインスタレーションXL(エクストラ・ロケーション)部門が誕生した。その一つに、現地在住の日本人アーティスト上田麻希がゲスト・キュレーターを務めた「Maki Ueda −Palm Top Theater」に連日、多くの来場者が詰め掛けて人気を呼んでいる。
 そのアートとはiPod やiPadに、映像制作会社ディレクションズとアーティストの間瀬実郎が共同開発した特殊フード「i3DG」を装着すると手のひらで3D動画を楽しめる。昨年末に発表された、第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門にも入選した画期的な立体映像だ。
 上田は現在、さまざまなにおいを抽出して人の記憶や創造力を呼び起こすにおいのアーティストの第一人者として活躍しているが、もともとはメディアアートを手掛けていたことからその知識を人脈を生かし、学生を含む28人の作家に声をかけ、計31作品を紹介している。中には、iPodを指で叩いたり、息を吹きかけるなどのアクションを与えると、映像の中の人物が宙に浮いたりする遊び心あふれる仕掛けのある作品もある。
 同映画祭は、2008年に映画祭ディレクターに就任したルトガー・ウォルフソンが元々アーティストだった関係から、2009年にはホラー映画特集の際に出品監督たちが内装を手掛けたお化け屋敷を誕生させ、昨年は美術監督の種田陽平が元店舗を活用したアートプロジェクトを行い、映画祭とアートの密接な関係を続けている。それをさらに進化させたのが今年のXL部門で、会期中はレンタルサイクルの貸し出しやお得な市内交通機関の乗り放題パスを販売し、世界各国から集まった映画祭参加者により深くロッテルダムの人と街を知ってもらおうという試みだ。また未来の映画祭の観客である地元の子供たちに向けて、「Not Kidding」と題し、なばたとしたか原作の人気絵本をアニメーション化した「こびと観察入門」が託児所で上映された。
 ロッテルダム在住10年になる上田は「この街は特別に何かがあるワケではないし第2次世界大戦でドイツ軍に壊滅的な爆撃を受けた暗い歴史もあり、年に一度の華やかな映画祭は市民の誇りなんです。今回のXL部門のインスタレーションは市から助成金も出ず、アーティストたちは自由参加。でも、街でやっているお祭りだから、皆、リスクを侵してでも参加したいと集まってくれました。今後も、アートを通じて日本とオランダの架け橋となれればと思っています」と語った。
 映画祭は2月6日までだが、「Mki Ueda −Palm Top Theater」はロッテルダム市内のV2_Institude for the Unstableで13日まで開催(取材・文:中山治美)

excerpt from:

PALM TOP THEATER exhibition opening - excerpt from V2 website

Photos: Jan Sprij

Sharing

together

Into the image

Into the image

Sculptural..

Playing the interactive applications

Full house

Opening speech

Watching, playing

Ways of watching


best view


the device

International Film Festival Rotterdam

香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...