グラース 7月21日(土) - ニースの週末

7/21 (土) - ニースの週末

待ちに待った週末。
1週間酷使した鼻をリフレシュするためには、やっぱり海。
ニースのダイビングショップに、シュノーケリング・ツアーの予約をしていたので、
じつはこの日を心待ちにしていたのです。

グラースの旧市街の蟻の巣迷路を楽しみながら、
本屋さんで香料抽出についての本を買ってから、
バスでニースに向かいました。


(グラーセの道ばたで)


(グラーセの道ばたで)


(家を建築中。楽しそう。)

ニースと言えば、誰もが憧れる世界的なビーチ・リゾート。
そんなところに行ってまで、ダイビング講習グループのボートに便乗し、
シュノーケリングするってのも、ちょっとなんだけど。








(このダイビング・ショップにはいわゆる店のようなものがなく、
ちょっと大きめの船を持っていて、船に全ての機材と施設を搭載してます。賢い。)

夏といえど、地中海といえど、ヨーロッパの海水は冷たい。
8mmのウェットスーツを着てのシュノーケリング。
潜り禁止とかで、ウェイトを渡してもらえませんでした(涙)
みなさんが講習してる上を私はプカプカとシュノーケリングです。

海水が美味しい。
シュノーケリングすると、よく塩辛いと思うものですが、
ここのはマイルドで、味があり、「おいしぃ〜」と何度も舐めてしまいました。

南国の海を知っていると、物足りない海の景色。
ですが、風にたなびくような海藻に群れる
銀色のアジの大群が、
ときどきキラキラと太陽光を反射しながら、メタリックなボディを自慢していて、
それを見ているだけで時間が過ぎました。



ダイビング講習中のイントラのひとりがなぜか、仕事をよそに
綺麗な貝を海底から拾ってはせっせと私に貢いでくれる。
「Maki、これどうぞ」
「うわー キレイ。ありがとうー(^^;)」
・・・なんだかこの歳でそんなことしてもらうのは、ちょっと恥ずかしかったけど、
フランス人男性はこんなふうにフツーに女性に優しい。
オランダ人男性諸君とは大違い・・・。




グラーセに戻ると、すでにB&Bでは宴たけなわ。
オーナー夫婦の長年の友人だという人たちが遊びにきていたのです。
現役のドラマーであるエドワード。
オルケスタ・デラルタのNYデビューに一役買ったとかで、おもしろい裏話も。
彼は音楽を愛する人がよくあるように「今」に生きる人で、
「僕の愛する人が幸せでなければ、僕は去る選択をするんだ。鳥のようにね。」
とのことで、現在の奥様は話しから推測するに3人目かそれ以上か・・・

B&Bのご主人とエドワードがその辺のてきとうなもので掻き鳴らすパーカッションが、
夜空に響く。


(翌日、ラムとかジンとかのボトルが空っぽになってることに、誰もが驚く)

コメント

このブログの人気の投稿

「メディアアートの歴史、ひと区切りついたね」

2年ぶりのオランダ〜友人達との再会〜

お歯黒水を作ってみる