お茶屋さんのアロマ・ディフューザー

夏に秩父に行ったときに、商店街で見つけました。お茶の焙煎器。お茶を煎る時の香ばしい匂いを、まるでアロマ・ディフューザーのように、辺りに匂いを拡散させます。お店の広告塔も兼ねてます。



日本の商店街ではよく見かける光景、よく嗅ぐ匂いですね。



コメント

このブログの人気の投稿

「メディアアートの歴史、ひと区切りついたね」

2年ぶりのオランダ〜友人達との再会〜

お歯黒水を作ってみる