苔の匂いの抽出実験(4) 匂い比べ



[1] グリセリン
弱い、まろやか、シャンピニョン(きのこ)、土、弱めの海藻(弱めのトップノート)

[2] アルコール99.8%
海藻、少しグリーン、持続性あり(トップ/ミドルノート)

[3] ココナッツ・オイル
乳酸ぽい匂い--->捨てる

[4] 熱湯でインフュージョン
乳酸ぽい匂い--->捨てる

[5] アラチデ・オイル
乳酸ぽい匂い--->捨てる


[6] 水蒸気蒸留


[6-1] 塩で保存したもの
とても塩っぱい、持続性あり

[6-2] lactone で保存したもの
塩っぱい、少し酸っぱい、

[7] soxhlet蒸留 アルコール96%

[7-1] フラスコに残ったもの
[2]と良く似た匂い、弱めの土、弱めの緑茶、よく凝縮されている、持続性あり(トップ/ミドルノート)

[7-2] 真中部に残ったもの
塩っぱい、煎れすぎた緑茶、やや凝縮されている

こう全体を俯瞰してみると、蒸留直後はきつい緑茶の匂いのした[7-1]がまろやかになり、最もよくバランスがとれ凝縮されたものとなった。

なぜオイル系での抽出ですぐ乳酸発酵してしまうのか、理由は不明。

コメント

人気の投稿