2007/09/18

苔の匂いの抽出実験(10) 成功!

昨日に引き続き、アイスランド・モスの抽出です。
今日が3日目。

starting 11:00
stopping 14:00







今日は優しい旦那様が、ポンプを買って来てくれました。
これで冷却水をドブに捨てること無く、リサイクルすることができます。
(私に優しいというか、環境に優しいというか・・・)

抽出を繰り返し、あらゆる精油を洗い流した後、
最後はアルコール(エタノール)のみを飛ばして濃縮します。
フラスコの下の方に溜まった、ドス黒い液体。
これこそが、精油の濃縮された液体なのです。





匂いの質、その強さ、ともに問題なし。
つまり、抽出成功・・・!
匂いの特徴については、エキストラクトが落ち着く明日まで待つしかないが。

ここまで強い濃度で抽出するのは、実は初めての挑戦だったのです。
いわゆる香水の質のエキストラクトを作ることができました。
3日間辛抱強く抽出し続けた甲斐があった。

[memo]
使用エタノール量、合計: 325ml (?)
使用アイスランド・モス、合計: 50g (?)
抽出した精油: 25ml
残り物: 150ml





実験機器を回している間に何をしているかというと、
もちろんプロセスを観察するのは欠かせませんが、
わりと原材料となるアイスランド・モスの処理に追われています。
洗って、ゴミを取り除き、乾かし、砕く・・・ 香水工場の作業員になった気分。



これはまた違うタイプのアイスランド・モスです。
ドイツのハーブ系薬局から取り寄せました。



やはり薬局から取り寄せたせいか、どことなくハーブの匂いがします。
ディフュージョンの実験をしたのですが・・・あまり効果がありません。
でもフラワーショップ系のアイスランド・モスは、かなりうまくいきました。

今日は、これまで長く抱いていた目標へ辿り着くことができた。
濃縮抽出の成功に乾杯。

0 件のコメント:

香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...