2009/05/11

丸山遊女の部屋、着々と

カピタンが訪問中であるはずの丸山遊女の部屋、着々とできあがってきつつあります。

ソーイング・アーティストのJANEがさすがのセンスで、いやらし〜ぃ感じの寝具を作ってくれました。






しかし・・・オランダ人の反応はとことん「mooi(キレイだね)」。ちょっとまて。それ以上、何かいうことないの? いや、彼らは本気でキレイと思ってくれてるのだけどね。でもそこに何かエロスを感じるか感じないかという文化がとことん違うのだよね・・・。うなじの美学なんて、わかる人が果たしているのだろうか。


こちら、まだ実験中の嗅覚インターフェースです。あ、いちおうこっちがメインね。コスプレじゃなくってね(笑)






こちらは、カピタン部屋の方の嗅覚インターフェースです。(つまり展示部屋、ふたつあるんですね。丸山遊女とカピタンは、お互い行き来するというイメージ)

0 件のコメント:

香り"X"の分解と再構築 - シャボン玉バージョン - (KYO-SHITSU のご報告)

先日東京のWOMBでのトークイベント「感覚のハッキング」のご報告です。 トークのあと、香りの小さなパフォーマンスをやりました。 香り"X"の分解と再構築 -シャボン玉バージョン- DECONSTRUCTING AND RECONSTRUCTING T...