2009/04/07

美大でのワークショップ day 3

3日目

前日の課題どおり、それぞれが持って来た匂いの素材を見せ合い、嗅ぎ合う。


猫の毛玉


地下鉄の工事現場に落ちていた紙粘土


ある道沿いの雑草


Kralingse Plas の桜


その人の体臭の染み付いたスカーフ


庭の木


露天で売られてる春巻き(じつはこれぞロッテルダムならでは)


春の匂いを発する街路樹のつぼみ


チョコレート屋さんの匂い

前日と比べると、みんな見てキレイなもの、嗅いで気持ちいいもの持って来たような気がする(笑)

早速手慣れた手つきで抽出に取りかかる。




左: METRO新聞の匂いを抽出中
右:オランダのdropjeの匂いを抽出中


Cherry Laurier というオランダによくある街路樹を抽出中




手前の男の子は紙粘土の匂いを抽出中


道ばたの雑草を抽出中


ジャガイモの皮・・・これぞオランダの台所の匂い。
これは蒸溜で抽出。










こちらの抽出器にかかっているのは、私が日本で仕入れて来たばかりの樟脳チップ。
オランダの匂いではないけどね。




濾すのは根気のいる作業。ただ待つしかないのです。




古本屋の匂い。とてもいい仕上がりです。


この日は簡単なプレゼンテーションで締め。


0 件のコメント:

香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...