スープの香水のできあがり、そして晩餐会のキャンセル

11/17



前日に蒸留したグリーンピースのスープは、アクが流れ込んでしまったため白濁している。
このアクが腐敗を促進してしまう可能性もあるので、
これをさらに蒸留して無色透明の液体を抽出しようと試みる。



順調に蒸留。一日では終わらなかったので、翌日(11/18)もプロセスを続ける。



11/19

できあがり

No.1 - 30ml
No.2 - 30ml
No.3 - 30ml
No.4 - 30ml
No.5 - 50ml 

合計 170ml とれたところで蒸留停止。
最初の2本まではちゃんとグリーンピースの匂いがする。
残りはいわゆる「カス」で、あまり匂いはしないことがわかった。

2回蒸留を繰り返したことで、匂いを濃縮させることができるかと期待していたが、
それほどでもなかった。
なぜだろう。

保存料 (Euxyl K) 0.02 % 加える。

これで準備万端、と思っていた今朝、
木曜日のイベントをキャンセルするという知らせが来た。
企画者でもありチーフ・シェフでもある友人マヤのお父さんが亡くなり、
至急故郷クロアチアに帰ることになってしまったのだ。
お父さんを看取れなかった上に、数ヶ月間にわたって準備してきたイベントをキャンセルせざるを得ない彼女。いたたまれない。
そういえばお父さんお手製のグラッパは、この世で最高の味だった・・・。
いつか機会があったら、お会いして手ほどきを受けたいと思っていたのに。

コメント

人気の投稿