石垣島の香り(3) 道ばたの雑草


沖縄では、昼間は太陽のパワーが強く、気温も極端に高いため、微妙な香りを嗅いで楽しむには、早朝が最適です。

道ばたに何気なく生えているこの草。

辺りにはクマリン様の、つまり桜餅の葉のような香りが漂います。

女郎花の一種でしょうか。





コメント

このブログの人気の投稿

「メディアアートの歴史、ひと区切りついたね」

2年ぶりのオランダ〜友人達との再会〜

お歯黒水を作ってみる