私が寄稿した本が出ました!

私が参加するアーティスト・グループFoAMによるユニークなディナー・イベント Open Sauces をフルカバーした本がついに出版されました。

Open Sauces Book
ISBN 978-90-810733-0-1

  • ディナー・コースのフル・レシピつきです。
  • Edible Perfume Workshop の秘伝レシピを英文でフル掲載しています。
  • 「グリーンピースとミントのスープ 〜固形状、液状、気体状〜」の魔女レシピもフル掲載です。
  • モレキュラー・ガストロノミー、フード・アート、匂いを意識的に使った調理などに興味のある方には、必見です。











From the introduction...
This book is designed as a collection of the “toasts” and their
accompanying recipes from the Open Sauces dinner. It is a scrapbook – a
“common-place book” in the parlance of earlier centuries – and a book of
commons. Commons, a term denoting shared public resources, can be traced
back to the sharing of provisions, of rationing limited amounts of
foodstuffs to feed a whole community. Similarly, Open Sauces offers
bite-sized morsels of diverse aspects of contemporary food culture –
whether curious information, case studies, or specific techniques – to
feed a diverse group of readers.

The book also contains the recipes for the complete, seasonal Open
Sauces menu, designed for twenty-five people. The recipes list the
original amounts; however, as each course was quite small, the
quantities cited in the recipes could be used for four to six people if
served in a two or three course dinner. In several recipes the amounts
are approximate, as this is the preferred method of cooking and sharing
recipes at FoAM. The recipes and related texts are available online at
http://opensauces.cc in editable form. Improvements, adaptations,
comments, questions and suggestions are more then welcome. After all,
Open Sauces should stay true to its title.


編集+出版:FoAM
価格:1冊10ユーロ

後々、Amazon でも販売する予定と聞いています。

手軽なところで、デジタル版がこちらからもダウンロードできます。
http://opensauces.cc/open.sauces.pdf

が・・・やっぱり手に取れる本は格別です。自画自賛になってしまいますが、ベッドに持ち込んで眺めたい、美しい本です。

先週金曜日はこの出版記念パーティのためにブリュッセルに行って参りました。限りなく赤ワインに近いシャンパン、そしてマティーニ、さらにはOpen Saucesレシピを一部含んだタパス・コースで、秋の宵を楽しみました。

このFoAMのネットワークには、知的好奇心くすぐる方々がたくさんいらっしゃいます。エコロジー関係の化学者、ITエキスパート、アーティスト、思索家、etc etc ... FoAMの実体は、こういった横断領域的なネットワークです。みんながお互いの領域に興味を持っていて(そこからコラボレーションが生まれることもある)、希望ある未来を切なく願っていて、そして美味しいものが大好き! 日本にもひとつこんなのが欲しいと思いませんか?

コメント

人気の投稿