「白い闇」コンセプト


白い闇
www.iwhite.nu


「白い闇」に向けて              
ヨコミゾマコト

この展覧会では、私が憧憬する無限に広がる境界のない空間をつ くってみたいと考えています。そもそも有限なこの地球上に、無限に 広がる空間をつくり出すなど土台無理な話です。しかし、物理的には不可能でも、人の持つ感性と想像力に頼れば可能かもしれません。そこで、嗅覚のアーティスト MAKI UEDA さんに参加して頂く ことにしました。形によって空間と時間をデザインする建築家と、形 がないもので空間と時間をデザインする嗅覚のアーティストとのコラ ボレーションです。

想定されるのは、白いだけのまったく何もない空間です。しかしそこ は、とても静かで豊かな空間です。嗅覚と聴覚が研ぎすまされます。 視覚は役に立たないからです。匂いは日常に溢れているものながら、 未解明の部分が多いようです。嗅覚は、視覚や聴覚に比べて、原始 的かつ直感的であり、記憶に直結しているとも言われています。その 嗅覚に刺激を与えることで、人のもつ無限の感性と想像力を活性化 させたいと考えています。




インスタレーションを楽しんでいただくために
MAKI UEDA

みずからを匂いに委ね、嗅覚を頼りに空間を歩いてみてください。匂 いが空間をナビゲートしてくれます。普段は主に視覚が使われます が、この空間では嗅覚が主役です。

独りで入っている時は、目をつむり、手探りしてもよいでしょう。つま ずくモノもありません。たとえば犬のように、四つん這いになって右に 左にクンクンするのはどうでしょう。

この空間には、三つの匂いを使って、目には見えない「立体画」を描 きました。あたかもRGB(赤緑青)の三原色がモニター上で鮮やか な映像を映し出すかのように。この空間は、匂いの色彩で満たされ ています。どことして同じ色は存在しません。

香り自体に意味はありません。そこに意味づけを与えるのは、みなさ んの経験や体験です。香りはすべて、ニュートラル。主役は、みなさん の「嗅覚の可能性」です。




コメント

人気の投稿