7人の肌の匂いの香水 - 完成



ここ2ヶ月ほど取り組んでいた、人肌の匂いの抽出プロジェクト「アウター・スキンとしての肌の匂い」のドキュメントです。

以前の投稿の続編です。)

アムステルダム・ベースの著名なダンス・カンパニー EG| PC の依頼で制作したものです。パフォーマンスのリハーサル最中に、7人のダンサーがかいた汗を一滴残らず抽出し、それで香水を作る、というプロジェクトです。7種類の香水は、それぞれ異なる肌の匂いがします。香水とは言っても「つける」ためのものではなく、「嗅ぐ」ためのものです。



(服を最後の一滴まで絞って、その液に新しい服を漬け込み、繰り返して濃度を上げていきます)


(その後、蒸留してさらに濃度を上げます)



(フィルターします)




(それぞれの匂いを嗅ぎながら、全体の濃度バランスをとります。)


(トップノートが足りないと思ったら原液を足したり・・・鼻を使う大事な調香作業です。)


(試しにボトルに入れてみて、最終的にどう匂うかのチェックもします)


(ボトリング中)


(1種類につき200本作りました)


(全部で7種類)


(つまり最終的に1400本ボトリングしました)

この香水は、先日オープニングを迎えたオランダの大規模なアート・フェスティバルHolland Festival にて、EG | PC のダンス・パフォーマンスの記念品として7本セットで販売されています。

コメント

saeINUKAI さんの投稿…
すばらしい〜!!
おつかれさまでした。私も今度制作現場をお邪魔じゃなければ見学させてください。もちろんsenくんと♪
きゃらめるメルカ さんのコメント…
Makiさん、ご無沙汰しております。

遂に完成したのですね!!!
ちょっとジャン・バティスト・グルヌイユの気持ちがわかった感じでしたか?(失礼なことでしたらごめんなさい・・・)どんな香りなのでしょう。気になります。もし差し支えなければお聞きしてみたいです。
その、汗から取り出した香り(匂い)プラス何か他の香料も加えているのでしょうか?

本当にとっても魔女っぽいです★☆★
witch さんの投稿…
> saeinukai

もちろん、制作現場へウェルカムです。
ただの台所だけどね・・・
次回何かある時は、呼ぶね!

> きゃらめるメルカさん

ありがとうございます。
グルヌイユ、そういえばやってましたね。
彼の気持ちはついにわからなかったなあ〜(笑)

香りについて:
男と女くらいなら、誰でも区別がつくかな、と思われます。女性はフシギなことに、汗とはいえども、何かの花のような匂いがするんですよね。
純粋な汗の匂いの抽出で、何も意図的には加えてないのですが、テキスタイルの素材の匂いも自然と混ざってます。
きゃらめるメルカ さんのコメント…
へぇ・・・・・
それは凄いですねぇ。本当に女の人っていいにおいがするのですね。

Makiさん、日本でも展覧会などされないのかなぁ、なんて淡い期待をもってしまいますが、やはり一時帰国中はバカンスがメインなのでしょうか。
なにかされるときはきっと、見に(香りに)伺いますね!
witch さんの投稿…
> きゃらめるメルカさん

滞在中に一度、東京芸大でレクチャーをしたのですが、そういえばブログで宣伝するの忘れてましたね・・・。一般公開だったのに。すみません。

現在、aromatic research (ご存知ですよね? フラグランス・ジャーナル社の専門誌)に原稿を書いているところなので、いつかは掲載されると思います。

今のところ具体的な話しはないのですが、いつか日本で展示もきたらいいのですけどね! そしたらまた日本に行けるし。
きゃらめるメルカ さんのコメント…
え!!!そうだったのですか!!!
Makiさんの講義、聴講したかったです。知らず、残念でした。
また次回なにかされるときは、よろしければブログで教えてください!

雑誌はAROMA RESEARCHですか?
楽しみにしています♪

人気の投稿