2013/04/12

生チョコレート作り

ずっとやってみたかった、生チョコレート作り。

ベーガンやローフードでは、お馴染みのデザートです。

こちらのレシピを参考にしました。

http://vegetarian.about.com/od/rawfooddessertrecipes/r/raw-chocolate-truffles.htm

しかし、カカオビーンズから挽くのは、やはり大変でした。

挽くと香り立つので、とてもシアワセな気分になるのですが、なかなか粉にならないので、少し市販のココアパウダー足してしまいました…(挽くところから始めるなんて人、あまりいないわけだ)

挽いてるうちからカカオビーンズのパワーにやられてましたが、出来上がったチョコレートを食べると、なんかすごくカラダがポカポカする感じがする! ポワーンとして、不思議なエネルギーが流れる!

やはり豆から挽いたからこそ引き出されたパワーか…。鼻血出そうな勢いなので、いくつも食べられません。

昔ヨーロッパでは、チョコレートは媚薬として使われていました。これは納得。

コーヒーや胡椒のように、チョコレートはヨーロッパ諸国の植民地政策と奴隷貿易の産物でした。

媚薬的な食材で他に有名なのは、トリュフ。媚薬ディナー・イベントとか、やってみようかな。おもしろそう。

0 件のコメント:

プレス・リリース:ジャパン・ハウス サンパウロで、香りと味にフォーカスした 『Aroma & Flavor』展を開催

ジャパン・ハウス サンパウロで、香りと味にフォーカスした 『 Aroma & Flavor 』展を開催 嗅覚のアーティストによる “ 嗅覚のための迷路 ” を体験でき、 視覚やメディアを通じたインタラクティブな作品を展開。 6 月 5 日から...