memo SMELL X ILLUSION

05.16.
日本から帰国

05.17.
・香料仕入れのため、レンタカーを借りて隣町のおなじみさんへ
・電話打ち合わせ、タンクとコンプレッサーのレンタル会社
・電話打ち合わせ、CBK

05.18.
・13:00 タンクとコンプレッサー到着、河岸にてなんとなくボート会社とCBKスタッフと打ち合わせ。コンプレッサー保存場所、380Vの電気をどう借りてどう扱うか、など、公共上のセキュリティ問題を解決。パブリック・アート、サイト・スペシフィック・アートに常につきまとう問題なので、もう1ヶ月前からソリューションをリクエストしていたのだけど、結局はその場その場で決まるもんなのね、この国は。
・その場で相談し、17:00にボートを借りてリハーサルできることに決定。
・13:00 アシスタント(オグザリス)到着、打ち合わせ
・14:00 香料をスプレーに詰め、どこでいつスプレーするか相談しながら決定。
・16:00 河岸に集合。コンプレッサー x 1とタンク300 liter x 2、計400kgあまりのものをCBKスタッフに河岸まで運んでもらう。
・ロシア人のダンサー登場、「ここは俺たちが今からリハで使うんだ。」とロシア人らしく押しが強いし、てんぱってる模様。ネゴして、縄張りを分ける。
・コンプレッサーでタンクにエアーを入れようとするが、なぜか5barで止まってしまう。困ってるうちに、頼もしいCBKスタッフがなんとか解決し、8bar まで入れることができた。
・17:00 タンクをボートに積み込み、固定。
・17:30 出発。計18の匂いを、45分間に渡って噴射。なぜか匂いが変わってしまうものや、濃度の調整が必要なものなど、いろいろなことが分かる。ボートマンから風の方向なども習う。
・18:15 河岸に戻り、片付け。
・19:00 アシスタントと一緒にイタリアンのレストランで前祝い。

05.19.
午前中買い出し、午後抽出作業

05.20.
抽出作業

05.21.
午前中ヨガ、夜 19:30 premier!

コメント

人気の投稿