SMELL BAR (2)

匂いの抽出には主に油浸法とチンキ法を応用しました。さんさんと降り注ぐ太陽の光が、そのプロセスを促進します。



No. 1 シロツメクサ / 白詰草 (オイル)


No. 2 アカツメクサ / 赤詰草 (オイル)


No. 3 トウヒ / 唐檜属の松の葉 (オイル)


No. 5 イチイ / アララギ の幹 (チンキ)
この幹は薬草としてインディアンの間で飲用されてきたそうです。


No. 6 松の葉 (チンキ)


No. 7 草 (チンキ)


No. 8 シロツメクサ / 白詰草 (チンキ)


No. 9 ニンジンの一種の雑草 (チンキ)


No.11 パセリの花 (チンキ)
No.12 マツカサギク / 松笠菊 (チンキ)
No.13 トマトの葉 (オイル)


ガーリックの花をプロセス中


No.14 コリアンダーの花 (チンキ)
No.15 コリアンダーの花 (オイル)
No.16 ニンニクの花 (オイル)


No.19 草 (オイル)


No. 2 アカツメクサ / 赤詰草 (オイル)
中身を取り替えている最中


No. 4 松の葉 (水蒸気蒸留)




草原で見つけた草や花のコレクション


草や花のロケーター・マップと、匂い抽出のレシピ

コメント

このブログの人気の投稿

「メディアアートの歴史、ひと区切りついたね」

2年ぶりのオランダ〜友人達との再会〜

お歯黒水を作ってみる