嗅覚のための迷路 ver. 1 展示中。恵比寿映像祭にて2/20(土)まで。

恵比寿映像祭にて「嗅覚のための迷路 ver. 1」 展示中
www.yebizo.com
2/20(土)まで
恵比寿ガーデンプレースタワー38階 STUDIO38にて

testimonials
恵比寿昨日見て来て最高でした. シンプルかつ魔術的迷宮のフィールド全体が一つの香りになっている? いい! 気付きに溢れた提示でした! 花を探したり、花の中にいるってこういう感じ? という感覚. 匂いに本当のスケールが無いように思えてくる経験. 後は迷宮を前に迷宮と思わないことの方が幸せかもね、と言うこと. 言葉にすると当たり前なんだけど、結構ハッとしたなぁ. そして、反芻しても味わえる作品としての強度は言うまでもなく流石.
最初「どんなものなんだろ?」って想像がつかなかったんだけど体験してみると、今までにない感覚を味わえました。その感覚を既存メディアで伝えるのって、難しいね。体験するしかない。



撮影:中田文 
それは、嗅覚のために用意された迷路なのだ。 何もない空間に、幾つかの香りが封じ込められた壜がぶら下がっているのだけれど、あくまでも呼吸するように、罠と気づかせないさりげなさで、それらは誘っている。 たくさんの壜の中の幾つかは同じ香りで、全体が計算されている…香りの交響曲。 こんな迷路でなら迷ってしまっても本望ではないだろうか。 しかも地上38階。 天国に近い場所で、束の間、地獄に生きていることを忘れたふりをして。

コメント

このブログの人気の投稿

「メディアアートの歴史、ひと区切りついたね」

2年ぶりのオランダ〜友人達との再会〜

お歯黒水を作ってみる