スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

バイラル・パフューム  〜もしもコロナウイルスが匂って見えるものだったら〜

ドイツ・ブレーメンで展示予定の作品です。   バイラル・パフューム  〜もしもコロナウイルスが匂って見えるものだったら〜 Maki Ueda 新型コロナウイルスの登場後、私たちは、ウイルスという目に見えないものを見ようとするようになった。空中に浮遊するウイルスを、換気によって外に流したり、飛沫が届かない位置で人と対面したり、マスクをつけて自己防衛したり、手に付着したかもしれないウイルスをこまめに洗い流したり。 このウイルスの広がり方は、香りの広がり方にも似ているなと思った。香りも、空気に乗って拡散するため、私はよく空気の対流や換気に気を遣っている。それに、強い香りを扱う時はマスクをしている。香料を扱うときは、他の瓶に香りが移ってしまうのを防ぐため、こまめに手袋を替えている。 香りとコロナウイルスに共通する点を挙げてみよう。 どちらも小さすぎて、目に見えない 空気を媒介として拡散する 付着により伝播していく そして時間が経つと消えてしまう 今回の展示では、ウイルスを香りに喩えた。ビジターは、部屋の好きなところに、「ウイルス・パフューム」をスプレーしても良い。他のビジターは、香りを頼りに、ウイルスの付着している箇所を探り出す。ふつうの明かりの下ではウイルスは見えないが、時折、ブラックライトにより照らし出されるようになっている。 ウイルスの種類は、変異種を含め6つ用意した。それぞれタイプの異なる香りであり、香りが合わさった時、「白百合」の香りとなる。新型コロナウイルスによる死者を弔うための香りである。

最新の投稿

今日は人生で最も大きなお買い物

東京での日々

パリ協定のための匂い - 匂いは地球温暖化問題の解決に貢献できるか? -

突然ですが東京に来てます

オンラインワークショップ VOL.2 空蟬香

オンラインワークショップ VOL.1 抽出編

「腰とか膝とか痛くなるのは、やり方が悪いからです」

香りソムリエ・スクール 始動開始

何気ない決意の日

DIYでホームスタジオを作る/My Home Studio